指しゃぶりの止めさせ方【歯並びにいい習慣】


【2017年7月19日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

 

昨日に続いて指しゃぶりのお話です。

まだ読んでいない方は昨日のブログを読んでから今日のブログを読んでください。

指しゃぶり

もくじ

①昨日のブログのおさらいから

②まず最初にご注意ください

③原因から見た指しゃぶりの対処法

③-1 ストレスを逃がすために指しゃぶりをしているお子さん

③-2 手の発達が悪いお子さん

③-3 寝ているときの指しゃぶりは呼吸の問題

④まとめ

 

 

①昨日のブログのおさらいから

さて昨日は

3歳までの指しゃぶりは問題がない

ということと

3歳以降はやめさせるようにした方がいい

ということをお話ししました。

3歳までは指しゃぶりをするのは問題にしなくていいです。この時点で乳歯の歯並びが指しゃぶりによる影響があったとしてもまず本人にいっても理解してくれない。それなのにお母さんが注意をし続けることで本人にもストレスがたまりますし、お母さんも疲れてしまいます。

 

②まず最初にご注意ください

さて今日は指しゃぶりの辞めさせ方というお話になるのですが

まず最初に

お子さんごとで原因などは違います。今日はあくまで大きなな意味でのお話をします。
個別のケースにすべて対応するものではありません。ご注意ください。

具体的に治していくのは専門の方の診断などを受けた上で行うようにしてください

 

③原因から見た指しゃぶりの対処法

指しゃぶりになった原因があるからそれに対処をして結果として指しゃぶりを止めれるようになります。なんでしているのかを見つけることが大事です。

まず多いのは

③-1 ストレスを逃がすために指しゃぶりをしているお子さん

こういったお子さんの場合、例えばお母さんに怒られた、自分の思い通りにいかなかった、幼稚園や学校でなんかあった、そういったときに指しゃぶりをするお子さんがいます。そういったストレスを指しゃぶりで逃がしているお子さん。こういったお子さんに「やめなさい!」といっても逆効果になります。

注意ストレス

 

普通のお子さんは泣いた指しゃぶり以外のことでストレスを逃がします。そういった他のストレスの逃がし方をお子さんと見つけることが大事です。ぬいぐるみとかに発散するとか、泣くとか何か動いたり遊んだりで発散するお子さんもいます。ストレスを逃がす方法を持つのはどのお子さんでも持っています。それを止めさせてはいけません。

 

③-2 手の発達が悪いお子さん

これ、指しゃぶりの予防の話にもなりますが、指しゃぶりがしやすい環境があるんですね。

普通お子さんはハイハイをしてからつかまり立ちをしていきます。ところが最近のおうちはハイハイするようなスペースや和室がない。すぐつかまれるようなイスやテーブルソファーなどがあるので「ハイハイをしないお子さん」が増えています。実はハイハイはとても大事で、今日はその話ではないので詳しくは話しませんが、どうしても「立った!立った!」と立ってしまうことに目が行ってしまいハイハイをさせないことが多くなっています。

当たり前ですがハイハイするとき指しゃぶりしてる暇ないんですね。ハイハイし始めると指しゃぶりどころではなくなる他のことができるわけです。実はこのポイントを逃して止められないというパターンが多くあります。

 

子供折り紙

 

手の起用・不器用ではなく本来必要な成長のために手を正しく使っていない。そういったことで手の感覚が弱いということで指しゃぶりをしているお子さんがいます。例えばつかみ食べをあまりしていないとか、クレヨンや鉛筆でお絵かきをしないでスマホやタブレットでやっているとか。5本の指でしっかり持って何かをするのと、指一本を動かすのでは手の情報量が大きく変わります。砂遊びとか粘土とか、折り紙とかあやとりとかそういったことでも手を使います。そういった「手」を使わないことで刺激が足りないのを指をしゃぶることで何とかしているお子さんがいます。

解決法はそうですね。手を使った遊びをしましょうということです。

 

 

③-3 寝ているときの指しゃぶりは呼吸の問題

多いのが日中はしないけれど寝ると指をしゃぶる、指しゃぶりをしないと寝れないというお子さん。

これは寝ているときの呼吸の問題があることが多いです。単純に鼻呼吸のお子さんは仰向けで寝ますし、口呼吸のお子さんでは横向きやうつぶせで寝ます。その時に寝ている姿勢と呼吸があってなければ苦しいので、指を口に入れることで呼吸を何とかしようとしたりします。寝る姿勢が悪いのは他にも枕があっていないとかそういったこともあったりします。あと舌の位置が悪いとかもそうです。そういったお子さんはいびきとかもでてきます。

なので寝ているときに指を外してもまたしますし、苦しいのでやめましょう。大事なのは正しく寝れるようにいろいろ試してみたり、呼吸の問題があればまずは正しい鼻呼吸にするのが大事です。こういったお子さんの場合既製マウスピース矯正装置を寝ているときに入れると舌の位置も正しい位置に行くので指しゃぶりをしなくなったりします。(どのみち装置が入っていれば指が入らないですが・・)

 

 

④まとめ

今日は代表的な3パターンのお話をしました。

もちろん実際はもっと複雑にいろいろなことが絡んでいますので大変ですが大事なことは

「指しゃぶりはいけない→やめなさいと注意をする」

というのは解決策ではないということです。特に頻繁に注意をすることでお母さんもお子さんもストレスを抱えてしまって疲れてしまう方がよくないことだと思います。

 

 

*****************************************************************************

また日本小児歯科学会では

指しゃぶりに対する考え方

ということでこういったページがあります。

こちらも参考にしてください。

 

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。診療日のどの時間でもできますが必ず予約の上来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プレオルソやT4Kなどの既製マウスピース装置は寝ているときをメインに行う正しい機能を獲得する装置です。乳歯の歯並びの3~4歳前後のお子さんでも負担が少なく装着をすることができます。

プレオルソ・T4K・ムーシールド~乳歯(3~5歳)の矯正治療

プレオルソ公式サイトは(こちら


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【きれいな歯並びになる生活や習慣の話】の関連記事

(2018年2月2日更新)

子供の歯ぎしり


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る





▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム
 
 
▲PageTop