【口呼吸】カサカサの唇・分厚い唇が気になる方へ


【2017年8月17日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

 

口呼吸の人の唇は

分厚い唇

1年中カサカサで乾燥している

唇です。

 

口呼吸の分厚い唇

 

いつもぽかんと空いている口は

閉じている唇と違って乾燥しているので

一年中カサカサです。

リップクリームを塗るよりも口を閉じる方が先です。

 

寝るときに口テープを貼ったりするのも効果的です。

いびきや無呼吸を撃退!気軽に買える口閉じテープ

 

また口呼吸のお子さんは

口の周りの筋肉

「口輪筋」と呼ばれる口の周りの筋肉が弱いです。

筋肉がたるんでいれば唇はだらんとします。

お腹の筋肉がなければぶよぶよのお腹になります。

腹筋をするように、唇を閉じる筋肉をつけないといけません。

 

当院では「とじろーくん」と呼ばれる器具を使って筋肉をつけることもあります。

オーラルアカデミー作成の動画あります。

あげろーくん・とじろーくん動画

 

こういったのもようは筋トレです。しなければよくなりません。

低年齢のうちに口呼吸の問題は改善できるといいですが、年齢が上がるにつれてなかなか改善は難しくなります。また口の周り以外の問題と複雑に絡んでいることもありますので歯科医師の診断で使用するのがいいと思います。

 


ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。診療日のどの時間でもできますが必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み


ただ歯科クリニックの床矯正を行っています。6~7歳の前歯の生え変わりの時に治療を開始すると、お子さんの成長する力を利用できて歯を抜かずにスペースを作ります。取り外しの床矯正は学校生活に負担をかけないで、家にいるときと寝ているときに装置をつけてもらいます。9~10歳の犬歯の生え変わりが始まるまでにスペースを作って前歯を並べられるかが床矯正成功のポイントです。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

6~7歳の前歯のガタガタ(叢生)は床矯正

ただ歯科クリニックは床矯正研究会の会員です。


プレオルソやT4Kなどの既製マウスピース装置は寝ているときをメインに行う正しい機能を獲得する装置です。乳歯の歯並びの3~4歳前後のお子さんでも負担が少なく装着をすることができます。

プレオルソ・T4K・ムーシールド~乳歯(3~5歳)の矯正治療

プレオルソ公式サイトは(こちら

 

 


人気ブログランキング


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【きれいな歯並びになるための呼吸の話】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る





▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム