【小児矯正】床矯正の弱点から考える子供の年齢による変化


【2017年11月24日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

 

床矯正は特に6~9歳の顎の発育の成長がいい時期にはとても有効な矯正治療法ですが,万能ではありません。今日はそういったお話です。

 

もくじ
①取り外しの装置なので装置を入れてもらわないと始まらない
②装着時間本当に守っていますか?
③高学年になってくると・・・
④さらに思春期に入ると・・・
⑤治療法としてできる・できないと治療ができる・できないは別

 

①取り外しの装置なので装置を入れてもらわないと始まらない

当たり前ですが取り外しの矯正装置なので装着時間をしっかり守って毎日入れてもらわないと正しく進みません。

確実な結果を出すなら固定の装置の方がいいです。ただし固定の装置が入ることで、話しづらくなったり、食べ物が装置に挟まったりするので学校生活にも影響が出ます。できるだけただ歯科クリニックでは取り外しの装置を入れるようにするのは学校では何もつけていないでおうちでつけることでお子さんの負担を減らすためです。

 

床矯正顎を広げる

 

②装着時間本当に守っていますか?

また装置は1日14時間以上入れます。これは1日の半分以上(12時間以上)入れてくださいという事です。例えば寝ているときだけ8時間程度しか装着していないと、14時間のところの8時間なので半分くらいのペースでも治療が進むと思っているお母さんがいます。しかし実際は8時間の装着では、外している時間が16時間なので装置を広げても顎がついてきません。

入れたり入れなかったりしているお子さんも論外です。

入れてないなりに少しづつ進むのではなく進みません。

 

 

③高学年になってくると・・・

高学年になってくと装着時間が難しくなってきます。夏なんて暗くなるまでしっかり遊んでしまうお子さんの場合6時近くに帰ってきたりするようですともうかなり厳しくなります。

また土日がスポーツやっていたり、習い事とか始めるとかなり装着時間の確保が難しくなります。

骨の成長も止まってきたり、ほとんど大人の歯になったりと他の要因もありますが、高学年になってくるとなかなか床矯正は難しくなってきます。

 

 

 

④さらに思春期に入ると・・・

思春期に入ると「お母さんがしてほしいからやる矯正治療」から「本人がしたいからする矯正治療」になります。本人にやる気がなければできません。どうしてもやる気のない本人でも、治療をさせたいのならば固定の装置であって取り外しの装置では難しくなります。

特にこの頃にお子さんとお母さんの関係は大きく変わります。低学年の頃良好な親子関係であっても思春期の時に親子関係がそのままである保証はありません。

 

 

 

⑤治療法としてできる・できないと治療ができる・できないは別

小学校低学年のベストのタイミングで始めるよりは、動きであったりが多少悪くなりますが、高学年になってからの床矯正治療ができないというわけではありません。でも装着時間14時間というのが厳しくなってくるお子さん、ご家庭が多くなってきます。

ただ歯科クリニックとしてはそういった難しい時期に矯正をするのであれば、低学年の頃の早い段階ですればお子さんもお母さんも負担が少なく済みます。

もしくは8~10時間の装着で済むSH療法などで対応した方がいいと思います。

 

矯正の無料相談をしていると費用や期間、治療の中身についてはの関心はありますがこういった来院できるかどうかとか本人がどこまでしたいのか?について話をしていないご家庭が多いです。

 

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。診療日のどの時間でもできますが必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックの床矯正を行っています。6~7歳の前歯の生え変わりの時に治療を開始すると、お子さんの成長する力を利用できて歯を抜かずにスペースを作ります。取り外しの床矯正は学校生活に負担をかけないで、家にいるときと寝ているときに装置をつけてもらいます。9~10歳の犬歯の生え変わりが始まるまでにスペースを作って前歯を並べられるかが床矯正成功のポイントです。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

6~7歳の前歯のガタガタ(叢生)は床矯正

ただ歯科クリニックは床矯正研究会の会員です。

————————————————————————————————————–

SH療法は狭窄した歯列を正常にする治療法です。歯列が狭窄していることで起こるかみ合わせや歯並びの問題を改善しする機能を重視した矯正治療です。1日8~10時間の装置の装着でいいので、学校が忙しい中学生や高校生、仕事がある社会人の方にも負担が少ない矯正治療です。

ただ歯科クリニック HP

SH療法~中学生と高校生と成人の萎縮した顎を元に戻す

「SH療法」HPのSH療法を受けられる歯科医院にただ歯科クリニックも掲載されています。

 

 


人気ブログランキング


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【床矯正治療についての話】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る





▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム