床矯正の針金が壊れる!!


【2017年11月13日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

 

今日は床矯正を使っているとよくあるこういったトラブルのお話です。

 

床矯正針金破損

もくじ
①床矯正の針金は簡単に壊れます!!!
②そもそも壊れやすい針金になっています。
③ということは床矯正の取り扱いを慎重に・・・
④最初はお子さんも約束を守ってくれるけれども・・。
⑤たまにかみ合わせが強かったりすることがあります。
⑥針金の破損は治療を遅れさせます。取り扱いは十分な注意を!

 

①床矯正の針金は簡単に壊れます!!!

床矯正の中で多いトラブルは「針金が壊れた!」というトラブルです。

壊れたと本人やお母さんが気づいてくれることもあります。壊れた時に気づくというよりは、ネジまきの時に気づいたというお母さんもいますし、全く気付かないで調整に来た時こちらで見つけてしまうこともあります。

針金が壊れると維持がしっかりできなくなっしまうので必ず修理が必要です。

修理の間、ネジを回したり先に進めなくなります。

 

 

②そもそも壊れやすい針金になっています。

床矯正の針金はそもそも壊れやすい細い針金を使っています。針金が壊れないようにするのであれば、太い針金に変えるのも一つです。しかし針金が太くなると歯を抑える力が強くなります。そうなると遊びがなくなり装置を動かすときに痛みが出やすくなります。できるだけ痛みが出ないように治療をするために細い針金を使っています。

 

③ということは床矯正の取り扱いを慎重に・・・

という事は床矯正をつけたり外したりするときは、慎重に行わなければいけません。セットの時に子供さにもお母さんにもお話ししますが、両手で外すのが大原則です。

片手で外したり、

ひどいお子さんは舌、べろで外したり、

適当にお口の中に入れてから噛んで入れたりして

遊んだりしてます。

そうなるともう壊れるのは時間の問題です。

こういった取り外しで両手を使うようにというのはセットの時にしっかり説明しているのですが・・

 

装置の取り外しは両手

 

 

④最初はお子さんも約束を守ってくれるけれども・・。

多くのお子さんは最初はきつく言われるので両手でしっかり取り外しをします。お母さんも最初は取り外しの時しっかり見てくれます。

だいたい2~3か月たつとお子さんもなれてきて適当に扱うようになります。またそのころになるとお母さんもチェックしなくなり針金が壊れてきます。

両手の取り外しというのをご家庭で徹底してもらうしかありません。

 

両手の取り外しを徹底してください

 

またそのような床矯正の取り扱い、最初に決めたルールが守れていないようですと、装置の装着時間も甘くなって来たりしています。床矯正は装着時間が足りないと治療が進まない大きな原因になります。

 

⑤たまにかみ合わせが強かったりすることがあります。

取り外しをしっかりしていても針金が破損することがあります。それはちょっとかみ合わせがきつく噛みこんだ時に針金が壊れてしまう時です。これはちょっと針金がきつく噛みこまないように維持にする歯、乳歯にですが針金が入る溝を掘ったりします。

こういったことがないように全部のケースで最初から掘るのもいいのでしょうが、お子さんの負担を考えて当院ではトラブルがあった時だけ溝を掘るようにしています。

 

⑥針金の破損は治療を遅れさせます。取り扱いは十分な注意を!

床矯正の針金が破損すると、新しい針金ができて修理をする治療が進まなくなります。また取り扱いが原因である場合はお子さんが取り扱いがそのままではまた壊れてしまいます。またそういったお子さんの床矯正の取り扱いに無関心なお母さんの管理では装置を入れている時間とかもルーズになっていたりします。

取り外しはかならず両手でお願いします。

 

約束は守りましょう

 

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。診療日のどの時間でもできますが必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックの床矯正を行っています。6~7歳の前歯の生え変わりの時に治療を開始すると、お子さんの成長する力を利用できて歯を抜かずにスペースを作ります。取り外しの床矯正は学校生活に負担をかけないで、家にいるときと寝ているときに装置をつけてもらいます。9~10歳の犬歯の生え変わりが始まるまでにスペースを作って前歯を並べられるかが床矯正成功のポイントです。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

6~7歳の前歯のガタガタ(叢生)は床矯正

ただ歯科クリニックは床矯正研究会の会員です。

 

 


人気ブログランキング


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【床矯正治療についての話】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る





▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム