正しくない機能に負荷をかけるということ【既製マウスピース矯正】


【2018年1月11日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

 

もくじ
①プレオルソなどの既製マウスピース矯正の考え方
②装置の入れ始めつばが飲み込めなくて苦戦する・・・?
③寝ているときに入れてもすぐ外してしまう
④42.195キロを走るためにいきなり42.195キロ走りますか?
⑤装置を入れれるようになるために大事なのは

 

①プレオルソなどの既製マウスピース矯正の考え方

プレオルソT4K既製マウスピース矯正ただ歯科クリニックではプレオルソやT4K、EF-lineなどの既製品のマウスピース矯正を行っています。多少コンセプトが違うにせよどの装置も正しい歯並び成長ができる機能を獲得する装置です。直接的に歯を動かすわけでなく正しい機能が獲得できればそれに合わせて生体が反応します。その結果の一つとして歯が動いてくるということです。

 

 

 

 

②装置の入れ始めつばが飲み込めなくて苦戦する・・・?

負荷の与え方が各装置ごとで違いますが(大きさとか硬さとか)、歯並びに問題がなく正しい機能を獲得して成長をしている子供の場合装置を入れても苦しくありません。

 

正しい飲みこみ嚥下よくセットした直後につばが飲み込めなくて苦戦する子供がいますが、そういった子供は正しい飲み込みのための舌の動きがでていないということです。そういった子供は離乳の時期に何らかの理由で正しいベロの動きを覚えることができなかったと考えられます。母乳を吸う動きと同じように前後に動かしたり、前歯だけ歯が生えた時のころのベロを左右に動かす動きをしていたりしています。正しく動かしていないので飲み込みができていない、つまり正しく噛む咀嚼の運動ができていないので正しいあごの発育もできていないということです。

装置を入れるとそういった間違ったベロの動きができなくなり正しい飲み込みのための動きしかできなくなります。装置を入れるとつばが出てうまく飲み込めないのは正しい動きができていない証明になります。

 

③寝ているときに入れてもすぐ外してしまう

これもよくありますが、寝ているときに入れても朝になったら外してしまうといったことが起こります。

これも本人が真面目でないとかではなく、単純に入れているのが苦しかったら外すのです。逆にもし固定できて苦しいのに朝まで外れなかったら眠れなくて大変なことになってしまいます。苦しいかったら無意識に外せるからいいのです。

 

寝ているときに外れる装置

 

これも正しいのが苦しいだけなので、毎日やっていくしかないのです。そのうち寝ているときに入れれるようになればまずは装置を入れても苦しくないところまで機能が上がったということです。

 

④42.195キロを走るためにいきなり42.195キロ走りますか?

初めから快適に既製のマウスピース装置を使うということはどういう事でしょうか?

装置のコンセプトは正しい機能の獲得です。子供に負荷をかけるの必要です。調整して小さくしたりすれば楽に入れられますが、楽に入れられるということは負荷がかかっていないということになります。

マラソン42キロを走れるようになるのに1キロしか走れない人がいつまでも1キロを走る練習を毎日していてもできるようになりません。最初は歩くかもしれないけども2キロ、5キロ、10キロとしていかないといけないと思います。

 

マラソン

 

そもそも最初に苦戦しないで入れられてるのなら、機能じゃない問題のせいで歯並びが悪い可能性があるということです。違う治療法が必要な可能性があります。

 

⑤装置を入れれるようになるために大事なのは

こういった既製のマウスピースの矯正の場合、早く装置が入れれるようになるのは

負荷を少なくするか?

機能を上げるか?

の2つになります。

負荷を少なくする装置を小さくしたりしていけば入れられますが、それではいつまでも機能が上がりません。

もつまり機能を上げるかどうか?が大事になります。そのためにそのお子さんに合わせた機能を上げるためのトレーニングなどが必要になります。毎日コツコツとトレーニングをしてくれるかどうかが大事になります。

といってなかなか毎日できないのが大問題なのですが・・・。

まずは相談

 

 

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

無料相談では費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。矯正の無料相談は、診療日のどの時間でも対応していますが、必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お子さんの歯並びが悪くなる癖や呼吸、食事などの生活の問題があります。きれいな歯並びを願うお母さんの思いだけでは正しい発育はできません。問題は口がぽかんと空いている子供に「口を閉じなさい」といっても解決しない様々な間問題が絡み合った複雑なものです。

子供の歯並びを悪くする癖・生活・食事について考えてみませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プレオルソやT4Kなどの既製マウスピース装置は寝ているときをメインに行う正しい機能を獲得する装置です。乳歯の歯並びの3~4歳前後のお子さんでも負担が少なく装着をすることができます。

プレオルソ・T4K・ムーシールド~乳歯(3~5歳)の矯正治療

プレオルソ公式サイトは(こちら


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【既製マウスピース矯正(プレオルソ・T4K・ムーシールド)】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る





▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム
 
 
▲PageTop