【子供の悪い歯並び予防】4時過ぎたら子供のおやつは・・・


【2018年2月24日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

初めての方はブログの簡単な注意事項があります。こちらの記事に目を通してください。

 

もくじ
①「3時のおやつ」というのはその通りで・・
②夜ご飯は何時に食べますか?
③甘いものを食べるとお腹が減らなくなります。
④お腹が減らないで夕食に突入したら?
⑤食事の間隔が短くなると虫歯にもなりやすい
⑥おやつは食べる時間から逆残して食べましょう。
⑦そもそもおやつとは?

 

①「3時のおやつ」というのはその通りで・・

よく3時のおやつという言い方をします。実際3時ピッタリにおやつを食べる必要があるということではないのですが、すごくポイントを抑えていると思います。例えば4時におやつを食べるとどういったことがかんがえられるのでしょうか?

 

 

②夜ご飯は何時に食べますか?

子供のご飯は何時くらいに食べるのでしょうか?大体6時から7時くらいではないのですか?さすがに9時に食べますとなると問題だと思います。6~7時くらいにご飯を食べるとすると3時にご飯を食べると大体3時間前後ご飯まで時間が空きます。一方4時とか5時とかになってからおやつを食べた場合もう1~2時間でご飯です。

 

 

③甘いものを食べるとお腹が減らなくなります。

砂糖を摂取するとセロトニンが分泌されて満腹がえられます。

例えば5時とかにお菓子を食べて、その後1時間ぐらいでご飯だとお腹がしっかり減ってくれません。大人から見たら少しの量でも体が小さな子供にとっては大きな量になります。薬の飲む量は大人と子供で量を変えますが同じような認識です。ジュースやアイスなどでも砂糖が入っていれば一緒です。問題はどれくらい砂糖が入っているか?ということです。

 

 

④お腹が減らないで夕食に突入したら?

お腹が減らないで夕食になったら子供はどうでしょう。まずは単純に

・食べる量が少なくなります。

お腹が減っていないから当たり前ですね。さらに食べる量が少なくなるというのはどれも同じようにたべなくなるのではなく

・自分の好きなものしか食べなくてもお腹がいっぱいになる

という環境を作ることになります。

つまり好き嫌いが多くなりやすいということです。

わざわざお腹がいっぱいなのに嫌いなものを食べる必要はありません。

逆に言えばお腹が減っていれば何でもいいから食べるようになります。

 

 

⑤食事の間隔が短くなると虫歯にもなりやすい

また人間は大人でも子供でも、かならず何か食べ物を口の中に入れると、口の中が一回賛成になって外から防御反応を示すようになります。その時に歯は脱灰と言って1度表面が溶けてしまいます。そのあと唾液の力で30分から2時間かけて再石灰化といって徐々に中性に戻って、溶けた歯を修復していきます。つまり

歯は食べるたびに溶けて戻ってというのを繰り返します。

 

 

食事まで2時間切るようなときにおやつを食べるというのは、歯が元に戻る前にまた食事をすることで溶かすということです。つまり何時間も歯を溶かしたままの状態になってしまい歯を弱くしてしまいます。

永久歯が経てきたときに前歯が白くなってしまう子供はこういった傾向があります。

間食が多いのは虫歯のリスクを上げます。

 

⑥おやつは食べる時間から逆算して食べましょう。

おやつを食べるのは10時のおやつにしろ、3時のおやつにしろそのあとに食べる夕食や昼食の時間から逆残して食べましょう。ご飯までに時間が1時間もないのに何か食べてしまうのは先ほど述べたような、好き嫌いやあまり食べなくなったり、虫歯になりやすい環境を作ってしまいます。

基本は3食でしっかり食べれるようになればいいのですが、

間食が多い→3食のご飯が食べれない→お腹が減るので間食が多い

といった悪循環にはまってしまいます。

朝食を食べないのもこういった悪循環にはまりやすい状況を作ります。

 

⑦そもそもおやつの語源は?

そもそもおやつというのは、江戸時代に1日2食だった時に「八つ刻(やつどき)」という3時くらいに食べる軽い食事のことを語源とします。別に甘いものを食べていたわけではないですし、今は1日3食なので言葉だけが残って中身は全く合わないものとなっています。

どちらかというと有名なカステラのCMでもそうですが、食品業界がそういったものを食べるようにしていっていまのようなおやつ=甘いもを食べるという言葉のニュアンスになったと思います。

ということでご飯の1~2時間前には食べないのを逆算しておやつを食べるようにしましょう。

 

 

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

無料相談では費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。矯正の無料相談は、診療日のどの時間でも対応していますが、必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

 

 

 

 

 

 


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【お子さんが虫歯にならないための話(虫歯予防)】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る





▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム