【子供の悪い歯並び予防】何で口呼吸になってしまうのか?


【2018年3月30日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

初めての方はブログの簡単な注意事項があります。こちらの記事に目を通してください。

 

今日は歯並びにも影響がある「口呼吸」の一つの原因となるお話です。

 

もくじ
①口呼吸の子供っていつから口呼吸なの?
②おんぶの基本って何でしょうか?
③間違っただっこやおんぶとはどんな姿勢でしょうか?
④後ろにのけぞるのどうなるのでしょうか?
⑤危ないのは縦抱き

 

①口呼吸の子供っていつから口呼吸なの?

子供の矯正相談に来る多くのケースで「口呼吸」が見られます。

口呼吸は鼻で呼吸しているか?口で呼吸をしているかという話ではなく

・正しい舌のポジションができていない

・それにより発音の問題や、食事の問題(丸のみ、食べるのが遅いなど)

・口呼吸だと頭が前方に出るので猫背、姿勢が悪い

・鼻呼吸と違い直接空気体内に入るので、風邪やインフルエンザ、アレルギーなどになりやすい

・寝ているときにいびきをかく、子供では寝汗が多い、おねしょが多い

などの問題が起こります。

そういった体に出てくる様々な症状の一つに口の機能の問題があり歯並びの問題があります。

 

②おんぶの基本って何でしょうか?

おんぶをするときの基本の姿勢は

このように背負う人、お母さんやお父さんの背中が曲がっている状態が正しい姿勢になります。

背負う人が背中を曲げることで子供が頭を寄せることができます。

 

③間違っただっこやおんぶとはどんな姿勢でしょうか?

このようにお母さんがまっすぐ立ってしまうと子供は前に寄りかかれないので頭が後ろに行きます。頭が後ろに行くと、口を閉じれなくなってしまいます。

 

この写真の赤ちゃんもしっかり口が開いています。

これは口を閉じない子供が悪いのではなく、背中を曲げないお母さんの責任です。毎日おんぶやだっこをしているときに子供が楽な姿勢で正しい鼻呼吸をさせるのか?子供が苦しい姿勢でお母さんが楽な姿勢で口呼吸をさせるのか?ということです。

それを毎日していれば大きな差になります。

 

 

 

④後ろにのけぞるのどうなるのでしょうか?

写真のようにでもいいすし、立ってラジオ体操のようにでもいいのですが思いっきりのけぞってみましょう。

ただしその時に

しっかり上下の歯で噛んでから後ろに沿ってみましょう。

どうですか?

たぶん噛み合わせが少し変わって、口を閉じるのも苦しくなると思います。ここまで極端ではないですが、頭が後ろにそった姿勢の赤ちゃんはこの状態になります。

 

⑤危ないのは縦抱き

そうなると縦抱きは注意が必要です。

おんぶであれば背負う人が背中を曲げるといいのですが、前で抱っこをしているとお母さんがのけぞりながら子供を抱っこしないといけません。もちろんそんなことしている人はいません。

 

写真の子供も普通に顔をつけると窒息しちゃう、息ができないので首を横にします。横にしたら気道が変わるので口を開けています。

このままこれを続けていれば寝るときは横向きでないと寝れなくなってしまい、歯並びやかみ合わせに影響が出てきます。

 

最低でも縦炊きの抱っこひもの場合、頭を抑えられる後ろにのけぞらないものが必要になります。

 

 

こういったように頭が固定できるのがいいです。

 

間違った抱っこやおんだけが口呼吸の原因ではありませんが、間違った抱っこやおんぶは口を閉じずらくする環境を作るのでこれが毎日続けば子供も口呼吸を日常的にしてしまいます。いざ布団で寝るようになっても仰向けで離れないので、うつ伏せや横向きになって寝るようになってしまい歯並びやかみ合わせに影響が出てきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お子さんの歯並びが悪くなる癖や呼吸、食事などの生活の問題があります。きれいな歯並びを願うお母さんの思いだけでは正しい発育はできません。問題は口がぽかんと空いている子供に「口を閉じなさい」といっても解決しない様々な間問題が絡み合った複雑なものです。

子供の歯並びを悪くする癖・生活・食事について考えてみませんか?

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

無料相談では費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。矯正の無料相談は、診療日のどの時間でも対応していますが、必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

 

 


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【きれいな歯並びになるための呼吸の話】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る





▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム