子供の歯並びを悪くする癖・生活・食事を考えてみませんか?


なぜお子さんの歯並びが悪くなったのでしょうか?

歯は本来は内側から押す舌・べろと、外側から押す唇や頬の筋肉のバランスの一番いいところに並んできます。永久歯が正しい位置に生えてこない多くの子供は口の周囲の筋肉の問題、機能の問題があります。一か八かで歯は生えてくるのではなく、それぞれの体の機能に合わせた位置に生えてくるのです。

噛んでいないお子さんには噛めなくてもいい位置に生えますし、舌が悪い動きをしているお子さんには悪い動きをする舌に合わせた位置に生えてきます。

歯は機能の落ち着くところに並ぶ

 

こんな癖や習慣には歯並びに悪影響が!簡単チェックリスト

☑いつもぽかんと口が開いている、口呼吸

☑唇が1年中カサカサ

☑食事が遅い、いつまでも噛んでいてなかなか飲みこまない

☑食事を丸呑みしている。噛んでいないので食事が早い

☑食べ物の好き嫌いが多い

☑食事中に飲み物がないと飲みこめない

☑指しゃぶりをしている

☑寝ているときいびきをかいている

☑食事をしているとクチャクチャ音を立てる。

☑寝相が悪い、寝汗をかく、おねしょがなかなか治らない

☑猫背で姿勢が悪い

 

1個でも思い当たることがある場合、子供の歯並びにこれらの癖が影響を与えている可能性があります。

 

歯だけ並べばいいのでしょうか?

子供の矯正を始めるとき当たり前ですがお母さんは「歯並び」を治してほしいということで当院に来ます。

 

矯正というのは辞書では「欠点を正しく改めること」と書いています。歯だけきれいに並べばその子の欠点は無くなるのでしょうか?歯だけがきれいに並べば先ほど出てきたような様々な問題は改善するのでしょうか?そういった様々な問題を抱えた子供の歯だけきれいにになったら、その歯並びを正しく使うことができるのでしょうか?

 

噛んでいない子供が、矯正をして歯並びがきれいになっら、噛めるようになるのでしょうか?

 

歯がきれいに並んでいる子供はできるのに、歯がきれいに並んでいない子供にできないことがあります。

 

赤ちゃんの唇ですか?子供の唇ですか?

写真はまだ1歳の赤ちゃんの唇です。上の唇は富士山のようなお山の形をしています。お母さんのおっぱいを吸うための唇の形です。まだ唇はあまり動かせないので赤ちゃんは「あー」とか「うー」とかで気持ちを伝えます。

赤ちゃんの唇

本来は成長とともに写真のように3~4歳くらいで大人と同じような唇の形になってきます。それに伴い唇が動くので言葉も話せるようになります。

4歳児の唇

6~7歳の口呼吸の子供の唇です。

口呼吸の唇

口呼吸の子供の口元の特徴は

①分厚い唇
②冬じゃなくでも唇が乾燥してカサカサ
③口を閉じると下唇の下にしわができる

といった特徴があります。

 

上の唇を見るとさっきの赤ちゃんの上の唇に近い形になっています。正しい成長ができてない唇では、聞き取りづらかったりする言葉や、舌足らずだったりします。そのようなお子さんの唇の機能は6~7歳の唇の機能ではなく赤ちゃんの唇の機能です。正しい発育ができていないことが問題です。

 

口呼吸のブログ関連記事
「とても簡単にできる子供の口呼吸チェック【きれいな歯並びになる呼吸】」

 

口呼吸の女の子

口呼吸ではほかにも

①アレルギーやインフルエンザになりやすい
②猫背になる
③いつもボーっとしている。疲れやすい。
④寝相が悪い。年齢の割におねしょが多い。いびきをかく。目覚めが悪いなどの睡眠の問題

といった全身の問題も出てきます。

 

多くの子供の歯並びの問題は単独の問題として起こったのではなく、こういった何らかの原因によるひとつの症状、結果として起こったものです。

 

口呼吸のブログ関連記事
「子供の口呼吸そのままでいいですか?【歯並びにいい習慣】」
「朝起きると口が乾くのは部屋が乾燥しているのではなく・・・?」
「カサカサの唇・分厚い唇が気になる方へ【口呼吸】」

 

「ワイヤーの矯正で歯を動かす力」と「舌の力」強いのはどっちでしょう?

ワイヤーの矯正で歯を動かすときの力は数十グラムの力で動かします。

一方、舌・べろが歯を押す力は500グラム以上といわれています。

 

ごっくんと唾をのんだ時に舌・べろは本来は上の歯のもっと上の歯ぐきの部分を触ります。これができないお子さんはごっくんと唾をのむと舌・べろは前に動きます。ごっくんとした時に歯を触っていしまう方は正しくない舌の動きです。無意識のうちに1日2000回近くつばを飲み込むといわれているので、矯正で歯を動かすよりも強い力で舌・べろで歯を押します。

舌癖による開口

上の歯と下の歯を押して、隙間にどんどん舌・べろが入っていくと写真のように開口といって前歯が噛まなくなります。下の歯だけ押して下の顎が前に誘導されると反対咬合・受け口です。前ではなく横に舌を動かして入れ歯顎は後方に下がり出っ歯や過蓋咬合、かみ合わせが深くなったりします。

 

矯正してきれいに歯を並べても、舌・べろの癖が改善してなければ、また歯が動いていきます。

 

頭の重さは5キログラム!ボーリングの球と一緒です。

頭の重さは成人で5キログラムといわれています。小児の場合もう少し小さいとしても、そういった何キロも力をかけて押してしまうとどうなるでしょう?

例えば頬杖。写真を撮るときだけならいいですが、学校や家でもやっているとどうなるでしょうか?

頬杖  頬杖の歯並び

このように両手でしてれば両側の歯のアーチが押されてしまいます。片側だけしているお子さんは片方のアーチだけが歪んできます。寝ているときも一緒です。うつぶせ寝や片側でいつも横向きに寝ていたり、ソファーで寝ていると同じようにアーチが歪んできます。

 

寝ているときも同じです。毎日寝ているときに5キロの重りを押し付ければ、それに合わせて顎が動いたりしていきます。出っ歯・上顎前突や、受け口・反対咬合などの顎の前後関係に問題があるお子さんはうつぶせ寝をしていることが多いです。毎日同じ方向に横向きで寝ている場合、顎が左右非対称の成長をしていきます。毎日寝ているときに自分で歯並びを悪くしているのです。

 

ブログ関連記事
「頬杖は絶対ダメ。歯並びが悪くなるだけで小顔にはなりません。」

 

 

前歯はギザギザで奥歯はいつまでも歯が出てこないのは噛めない子供です。

生えたての前歯の永久歯はギザギザで生えてきます。それ自体は歯の形の異常ではありません。ギザギザはしっかり噛むことで削られていききれいな歯の形になります。早い子ですと生えてから1年もあればなくなります。全く前歯で咬んでいなければ中学生になっても大人になってもギザギザが残っています。

 

噛んでないと消えない前歯のギザギザ

 

奥歯も同じで6歳臼歯が生えてきてから1年たっても一番奥に歯ぐきがかぶって隠れていたりするのは奥歯で噛んでいない証拠です。しっかり噛むようにトレーニングをしていかなければ歯は出てきてくれません。

 

 

先月前歯が出てきたばかりなら問題ないですが、永久歯が生えて何年もたつのにいつまでも短いの歯になっているのも同様に噛んでいないからです。歯ぐきを切ったり、矯正をしなくてもしっかり噛むのを覚えれば本来の形になります。

 

噛んでしっかり使っていないのならば、使ってないのに合わせて歯ははえます。

 

参考文献:鈴木設矢「臨床医のための床矯正・矯正治療」「口腔機能をはぐくむバイオセラピープロモーション」

 

日本歯科大学名誉教授の小林義典名誉教授は

不十分な咀嚼が口や顎、顔への成長発育に影響を及ぼしていることも指摘しています。

動物実験等でも軟性の餌を与えることで顎の有意に小さくなることも報告されており、同じようにファーストフードに代表される軟性の食事が顎を小さくすることを招き、不正咬合を増加させ、顎が後退をし、口呼吸が増える原因になっていることを指摘しています。

参考文献:小林義典「咬合・咀嚼が語る健康長寿」

 

ブログの関連記事
「ギザギザの前歯、噛んでいないお子さんに要注意」
「手づかみ食べはこぼして汚いけども大事です【歯並びにいい習慣】」
「お子さんの濃い味付けに要注意【歯並びにいい習慣】」
「くちゃくちゃ食べるのは行儀が悪い子供・・・?【歯並びにいい習慣】」
「食べるのに時間がかかる子供をどうすればいいの?【歯並びにい習慣】」
「1年間で1095回のトレーニング」
「お正月も噛むトレーニング忘れずに!」

 

 

いろんな癖がお子さんの歯並びを悪くします

指しゃぶり  指しゃぶりの歯並び

指しゃぶりをすることで、指が入りやすくなるように上の前歯前に出て、下の歯は内側に入り前歯が噛まなくなります。

うつぶせ寝机に顎を押し付ける  下唇をかむ癖 下唇噛んだ歯並び

うつぶせ寝もそうですが、起きているときもこのように顎を押し付けたり、下唇をかむ癖があれば下顎が後ろに押し込まれて出っ歯になります。

 

この他にも様々な癖や生活習慣でお子さんの歯並びは変わっていきます。

(上記画像は床矯正研究会の画像を借りています。)

 

ブログの関連記事
「指しゃぶりはやめさせた方がいいの?【歯並びにいい習慣】」
「指しゃぶりの止めさせ方【歯並びにいい習慣】」

 

こうした問題は単独で起こっているわけではありません

こういった悪習癖の指導をすると、「じゃあ悪い癖止めさせればいいんですね!」というお母さんがいます。

 

例えば先ほどの頬杖や写真のような顎を机につけてしまうのも単独で起こっているわけではありません。呼吸の問題、正しい鼻呼吸ではない口呼吸をすることで口で呼吸をしやすいように頭が前に出て猫背になります。その前に頭が出てくることでバランスが悪くなるので、頭を支えるために頬杖をして手で支えます。背筋がピンと伸びた状態で頬杖をする子供はいません。

 

口呼吸の子供に背筋を伸ばすように言っても、言ったときは伸ばすふりをしますが、苦しいのでまたすぐに猫背になってしまいます。

 

うつぶせ寝も、正しい鼻呼吸のお子さんはうつぶせ寝では苦しくて寝られません。一方口呼吸であれば仰向けで寝るのが苦しいからうつぶせ寝で寝ます。寝ているときは無意識ですので、毎晩何回もお母さんがうつ伏せから仰向けになおしてもすぐに元に戻ります。

 

本来舌の位置は上の顎の歯ぐきに先が付くように上がっていますが、後方に下がった舌は気道をふさぎ、「いびき」になります。

 

お母さんに知ってほしいことは悪い癖=歯並びが悪くなるのではなく、お子さんに起こっている様々な問題があり、ほつれた糸のように絡まっている状態だということです。そして歯並びもその中で起こっている一つだということです。

 

悪習癖の除去は早い年齢から対処するのが効果的です

こうした悪い癖の除去は早い方が効果的です。

ウォルフの法則というのがあります。ドイツの外科医ユリウス・ウォルフ(1836~1902)が唱えた法則で「骨は反復される長期間の機能に従って、その機能の最も適した形態に変化する」と言われています。悪い癖を放置をすることで、足りない機能に合わせてどんどん子供は成長をします。

 

例えばただ歯科クリニックでは子供の歯・乳歯の3~6歳の頃には既製マウスピース装置(プレオルソ・T4K・EF-line・ムーシールド)を使用します。

プレオルソT4Kムーシールド

これらの装置が直接的に悪い癖をなくすのではなく、正しいお子さんの状態を筋肉が覚えていく中で自然と正しいことを覚えていきます。悪い癖がある子は装置を入れると苦しいですし、正しい機能を持っている子は装置を入れても苦しくありません。

 

6歳以降は悪い癖や機能の問題よりも、生えてきた大人の歯・永久歯の歯並びの方が優先されます。悪い癖や機能に問題があれば、正しい位置に歯は生えません。矯正治療と並行して、トレーニングをしてもらうこともありますが、あくまでそういった年齢になれば、まずは永久歯の歯並びを改善していくことになります。

 

悪い癖があって機能が足りなければ、たとえ歯並びだけきれいに並んでも、その歯並びはその子にとっては使いにくい歯並びです。そしてきれいな歯並びが許容できなければ後戻りという形で「自分の使いやすい位置」に歯並びは戻っていきます。

 

こういった歯並びを悪くする癖、他の子供ができているのに自分の子供はできていないことに対してお母さんがどれだけ真剣に考えて気づけるかが大事です。

 

 

 

実際に行う既製マウスピース装置についてや、トレーニング装置についてはこちらをご覧ください。

小児矯正で使用する装置

 

ただ歯科クリニックは矯正の無料相談をしています

小児の矯正治療では初回は必ず無料相談をなっています。お子さんの歯並びがなぜ悪くなってしまったか?きれいに歯が並んでいるお子さんができることが何でできないのか?そういったことをお話しします。

 

注意事項

・悪習癖の除去だけでの治療は今現在していません。理由として悪習癖がある場合お母さんが気づいて位にところで歯並び・かみ合わせの問題が起こっていることがあります。そういった場合それ等の問題に触れないで習癖改善のみでのアプローチが難しいからです。

・小児の矯正治療を行う際に、悪習癖がある場合はそれらについての同時に指導をします。

・成人、もしくは大人の歯になってからでの悪習癖の指導は、劇的な改善は望めないことがあります。

・習癖指導はあくまで口腔周辺の筋肉に行う筋トレのようなものと思ってください。治療の効果、改善度合いは個人の条件によって変わります。

・このページに書いていることはただ歯科クリニックでの考え方です。他院ではまた違った考え方、判断になります。ご注意ください。

・ページの内容を無断で使用することは固くお断りします。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加



▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム