SH療法~中学生と高校生と成人の萎縮した顎を元に戻す矯正


SH療法って何?

SH療法は取り外しの装置を毎日つけて萎縮した顎(狭窄歯列)を正常に戻す治療法です。装置の形は床矯正と同じようですが、床矯正はネジで拡大するのに対して、SH療法はスライデックスという特殊なバネで拡大します。

スライデックスの使用はSH療法研究会に属する歯科医院のみが可能です。また現在装置の製作は日本では1か所の技工所のみとなっています。

SH療法の特殊なばね

 

どんな歯並びでできる治療なの?

対象年齢は当院では第一小臼歯萌出した10歳以降から成人の萎縮した顎(狭窄歯列)が対象です。歯列が狭窄してることで、歯並びがガタガタだったり、出っ歯だったり様々な問題があります。治療の対象は萎縮した顎です。正常の歯列に戻って、歪みが解除されていく中で歯が正しい位置に移動します。

 

結果的に歯は動いていきますが審美的な歯の動きを最優先にしているのではなく、萎縮した顎を正常に戻る機能を再優先にする治療法です。また患者さんの希望が上下どちらかの歯並びでも必ず装置は上下装着します。

 

狭窄歯列 正しく広がったアーチ

左のようなアーチを右のようなアーチにする矯正です。

 

10歳以下のお子さんの矯正治療はこちらをご覧ください。

6~7歳の前歯のガタガタは「床矯正治療」

 

 

どうやって萎縮した顎を広げるの?

装置の中に入っているスライデックス特殊なバネで広げていきます。1日の中で装置を入れているときに押されて歯が動き、外しているときに戻ってということを繰り返していく中でゆっくり広がって歯列がきれいになっていきます。

SH療法上拡大   SH療法下拡大

装置は1日どのぐらいつけるの?目立つの?

毎日8~10時間の装着をお願いします。だいたい寝ているときと家にいるとき2~3時間の装着になります。日中はお口の中には何も入っていない状態になります。仕事や学校で矯正をしているのがわかりません。ワイヤーなどを使わない目立たない矯正治療を希望されている方には一つの選択肢になります。 

 

寝ている時と夜装着してもらう矯正

 

治療期間はどのくらいかかるの?

最低でも2年から3年かけて萎縮した顎(狭窄歯列)を解除していきます。ゆっくり少しずつ顎のゆがみを戻していくので「歯を早くきれいに並べたい」という方の希望には答えることができません。ある程度歯列が正常に近づいてきたのであればそこから、ワイヤーやマウスピースで並べることで多少の期間の短縮は可能です。(別途費用は掛かります)

 

SH療法のやさしい5つの特徴

萎縮した顎を正常に戻すため、歯を抜かない矯正治療です。

正常なアーチに戻すのを目標にした治療ですので、歯を抜かないアーチを目指します。歯並びがかなり悪い場合抜歯が必要なることがまれにありますが、ほとんどのケースは抜歯を行いません。上下4本の抜歯などは絶対行いません。

歯を抜かない矯正

装着時間が8~10時間なので、学校生活や仕事での負担になりません。

寝ているときと、家にいるとき2~3時間の装着をお願いしています。特に部活や勉強で忙しい中学生や高校生やお仕事がある社会人の方には1日14時間装着の床矯正やより入れやすいと思います。

学校生活に負担のない矯正 仕事に負担のない矯正

装置をつけていない時はお口の中は何もない状態になります。接客業などで矯正装置を見せられない方、運動部などで前歯に装置をつけるのが負担になる方、声を出す仕事や部活の方などにも通常の矯正より受け入れやすいと思います。

 

取り外しの装置なので、歯ブラシなどの清掃はいつもと同じになります。

取り外しの装置です。矯正治療をすることで虫歯や歯周病のリスクが上がることがありません。虫歯や歯周病のリスクが高くなければ今までと同じ歯ブラシで問題がないです。

歯ブラシも普通にできる矯正

スライデックスという特殊なバネを使用してゆっくり柔い力で歯を移動しするので治療中の痛みはほとんどありません。

徐々に萎縮した顎を広げるので治療中に痛みが出ることはほとんどありません。食事などでも矯正治療をしていることでやわらかいものを食べたりすることはないです。むしろ普通通りの食事をしていくことで、正しく噛む機能を獲得します。

できるだけ痛みのない矯正

⑤取り外しの装置なので普段は矯正してるのがわからない、目立たない矯正が可能です。

日中の14~16時間は装置を外しているので、周りの人に矯正治療をしているのを気づかれません。目立たない矯正治療のひとつでもあります。

周りの人に気づかれない目立たない矯正

 

萎縮している顎ってどんな顎?

SH療法が治療をする「萎縮した顎」といってもなんとなく狭くなった顎といった感じしかないと思います。

簡単にイメージで説明します。

狭窄歯列・萎縮した顎

このような左右両方からつぶされた感じの歯列になっているのが萎縮された顎のイメージです。

狭窄歯列・萎縮した顎

 

この場合も奥歯がぎゅっと押されたような歯列になっているためにスペースがなくて前歯が並んでいません。スペースがないので真ん中の前歯は前方にあります。

 

非抜歯アーチが前方に

奥歯の萎縮している感じはそのままで歯だけ並ぶとイメージとしてはこんな感じになります。犬歯から犬歯の前歯6本が並んでますが歯列としては前方にあります。また歯列の形が悪いのはそのままです。

萎縮した顎を戻しながら並ぶと下の写真のようなイメージになります。

正しい顎に近づけばアーチもきれい

奥歯の左右から押されたところが歯が立ち上がって歯列としては台形に近い歯列になります。立ち上がったことで全体が広がるので歯が並ぶスペースができてきます。スペースができれば前歯の歯列は内側に入ります。顎そのもの広げているわけではないので、顔の形が大きくなるとかそういったことはありません。

 

顔の形は大きくなりません

 

あくまでこの前歯を並べるのが先ではなく、このような形の歯列に近づけるのを目標にする治療法です。

 

SH療法の実際

SH療法の実際の症例はこちらのページを参考にしてください。

SH療法の実際

 

 

SH療法の治療の流れ

①初回は無料相談

初回は必ず無料相談です。今の状態、こうなってしまった原因、SH療法が可能かどうか、治療の流れについてお話をさせてもらいます。またご自身ではきずかない、顎の萎縮しているところを写真などで確認してもらいます。

まずは無料相談

②資料集め

レントゲン撮影(パノラマ・セファロを含む)・型取り・写真撮影などをして必要な資料を合わせます。

型取り

③装置のセット

上下同時にセットします。何回か調整が必要になります。

SH療法

 

④1か月に1回のチェック

装置に問題がなければ1か月に1回の間隔で来院していただきチェックします。中のばねは何回かに分けて広げていきます。また装置の針金などの調整も行います。忙しい社会人や学生の方は多少期間が空いてもいいですが、次のねじを回してなかったり、細かい調整をしていないので、治療が進まないだけです。

月に1回のチェック

 

治療費

治療費は税別です。

治療費(診断料・装置代を含む) 400,000円
管理調整料 3,000円

 

ただ歯科クリニックはSH療法を受けられる歯科医院です。

SH療法のスライデックス(SlideX®)という特殊なスプリングは特許の関係で現在日本では1か所の技工所での製作のみになっています。またその使用にはドクターごとの許可書も必要になります。そのような認定を受けてない歯科院では治療はできません。

 

初回は無料相談です。

お口の中を拝見していない状態でのメールや電話での相談にはお答えしかねます。初回は無料相談となっていますのでそちらをご利用ください。無料相談ではこちらでの治療をお断りするような難しいケースでなければだいたい1時間ほどお話をします。曜日や時間によっては予約が取りづらい曜日があります。また無断でのキャンセルや何回も予約を変更された場合などはお断りすることがあります。

 

ご注意ください

このページの内容はただ歯科クリニックでの治療のお話です。他院での同様の装置を使っていても治療の目的・内容は違うものになります。またページの内容を無断で使用することはお断りいたします。

  

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加



▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム
 
 
▲PageTop