歯を抜かないで矯正をしたい!


成人の矯正では抜歯が必要になります。

成人の矯正治療ではスペースが足りなかったり、歯列の前後関係の問題(歯列全体を前に出したい、後ろに下げたい)という場合、抜歯が必要になります。一般的には上下左右の第一小臼歯4本の抜歯になります.

さらに必要であれば親知らずまで必要な場合は8本の抜歯が必要な方もいます。

ただ歯科クリニックではこういった抜歯矯正そのものを否定しているわけではありません。

 

 

しかしそのために

☑ 抜歯があるので、歯並びは気になっているけどそのままにしている。

☑ 矯正のために虫歯でもない歯を抜くなんて・・・

☑ 歯を抜くのは痛そうだからいやだ・・・

☑ 抜歯をして矯正をする予定だったが何本か抜歯をして痛いからやめた。

といった話をよく聞きます。

 

 

 

ただ歯科クリニックでは可能なケースでは抜歯をしない矯正治療の提案します。

ただし

☑ 骨格的な問題があるケースでは抜歯や外科処置をしないと難しい場合

☑ 矯正治療の目標が歯をきれいに並べることと、歯列・アーチを後方に下げたい、前に出したいという場合

☑ 治療期間を1~2年の間に終わらせたい。治療期間の制約があるケース

といった希望がある場合や歯並びの状態によってはお断りすることがあります。

 

歯を抜きたい人はいません。でも・・

「歯を抜きますか?抜きませんか?」と聞けば間違いなく「歯を抜きたいです」という方はいません。

 

何で矯正治療で歯を抜くのが必要かというと、確実に治療に必要なスペースができることで、希望の歯並びに近づけることができるからです。歯を抜いてしまえばそこにスペースができるので、あとは歯を並べていくだけです。治療の期間もそこまで長くはなりません。

 

一方、歯を抜かないで矯正をするのであれば、スペースを作る時間が必要になります。全体の治療期間は確実に長くなります。成長期の子供であれば別ですが、これから出てくるどの方法を選んでも、抜歯をした時と同じスペースを作るのは難しいと思います。

 

 

抜歯をした場合と、抜歯をしない場合でスペースが違うのであれば、最終的に並んだ時のゴールも変わってきます。歯を抜いた時の矯正治療と、抜かない時の矯正治療は同じゴールではありません。

 

2つの違いを理解したうえで、それでも「歯を抜かないで矯正治療をする」といことが最優先になるかどうかということです。

 

歯のスペースを作る方法

抜歯をして矯正した場合の一般的な治療期間(1~2年)と

獲得できるスペースの量(左右の小臼歯抜歯で平均15ミリ程度)を

☆☆☆☆とします。

 

歯列全体を広げる

期間 ☆(2~3年)
獲得できるスペース ☆☆☆
親知らずの抜歯:不要

様々な装置を使って歯列全体を拡大することでスペースを作ります。取り外しの装置や固定の装置、マウスピースなどがありますが、基本的に顎の発育がいい子供と違って成人の場合反応は年齢とともに悪くなります。治療期間も年齢が上がるとより期間は長くなります。

獲得できるスペースは5ミリ前後ぐらいまでは難しくはないですが、10ミリ近くが必要であれば厳しくなります。

 

歯の形態修正

治療期間 ☆☆☆☆
獲得できるスペース ☆ 
親知らずの抜歯:不要

今ある歯の形態を修正することでスペースを作ります。ただしいくらでも形態修正ができるわけではありません。しみない、痛みのない範囲行うので前歯6本で2~3ミリ程度になります。

歯の並び方や動きによっては1回で調整する場合もありますし、何回にかに分けて行う場合もあります。

主にワイヤーを使った矯正やマウスピースを使った矯正との併用になります。

 

 

 

歯の遠心移動

治療期間 ☆☆(1~2年)
獲得できるスペース ☆☆
親知らずの抜歯:必要

奥歯を順番に後方に送ることでスペースを作ります。ただし第二大臼歯の後方に親知らずがある場合は邪魔になるので抜歯が必要になります。順番に一本ずつ後方に送るので期間はかかります。獲得できるスペースは左右両方で5ミリ前後になります。取り外しの装置やマウスピースなどで行います。

 

 

詳しい治療費や治療方法や期間について

「歯を抜かない矯正治療」は夢の治療法ではなく、本来抜歯することで得られるスペースにどれだけ近づけるか?という矯正治療です。

一人一人の「今の歯並びの状態に対しての必要なスペースの量」も違います。また抜歯をしないといけないようなアーチの前後関係の動きや口元が希望であればこれらの方法をしても希望にそえることはできません。

 

 

 

 

矯正治療の初回は無料相談となっています。

その時にお口の中を拝見させてもらい、抜かないで矯正が可能かどうかをお話させてもらいます。治療費や治療期間等も幅のある中でお話をさせてもらうようになると思います。逆に治療期間も治療費も、最初の時点ではっきりさせたい場合は、抜歯をして矯正治療をされた方が確実だと思います。

まずは無料相談をご利用ください(必ず予約をして来院してください)

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加



▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム