【虫歯予防】歯ブラシの毛先がすぐにバサバサになるのは歯ブラシのせい??


【2017年9月4日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

 

今日は歯ブラシの毛先が買ってもすぐにバサバサになってしまうというお悩みについてです。

 

もくじ
①すぐ歯ブラシの毛先がバサバサになってしまう人
②それぞれの目的に合わせた歯ブラシがあります。
③何に対して使う歯ブラシか?しってますか?
④まとめ

 

①すぐ歯ブラシの毛先がバサバサになってしまう人

よく歯ブラシの毛先が「ふつう」や「やわらかい」を使うとすぐに毛先がバサバサになるので「かたい」を使っている人がいます。一見

毛先がやわらかい歯ブラシがいけないように思ってしまうのですが

それでいいのでしょうか?

 

歯ブラシ

 

②それぞれの目的に合わせた歯ブラシがあります

まず理解してもらいたいのは

歯磨きが一つではないということです。

みなさんは何で歯磨きをするのでしょうか?

ひとつは

虫歯にならないため

もうひとつ40代を過ぎてくると

歯周病の進行を抑えるため

に歯磨きをします。

 

つまり歯磨きといっても2つの歯磨きがあります。

虫歯にならな歯磨きの対象は歯です。虫歯の原因菌ミュータンス菌は歯につきます。なので歯がない赤ちゃんや総入れ歯の方のお口には虫歯菌がいません。硬い歯の表面を磨くための歯ブラシが必要になります。

一方歯周病に対しての歯ブラシの対象は歯ぐきです。歯と歯ぐきの境目にいかにブラシを入れて歯ぐきをマッサージしながらやさしく磨くかがポイントになります。

 

むし歯ばい菌

③何に対して使う歯ブラシか?しってますか?

虫歯か歯周病か

どちらに対する歯磨きかで歯ブラシが変わってくる

ということです。

 

虫歯にならないように硬い歯に対して磨くのを中心にするなら硬い歯ブラシで横磨きの方が効率よく汚れを落とせます。わざわざやわらかい歯ブラシを使うと汚れは取りづらいし、毛先がすぐに毛羽立ってしまいます。

 

一方歯周病が進行している状況で、横磨きで歯を磨いても歯周病の症状はあまり改善しません。むしろ強く磨くことで歯ぐきを痛めます。やわらかい歯ブラシがすぐに毛羽立たないような力で歯ぐきをマッサージしながら磨くことが必要になります。

 

歯医者相談

 

④まとめ

大事なことは

私の磨き方にあった歯ブラシを探すのではなく

自分の症状にあった歯ブラシと磨き方を知ることです。

 

「歯周病は大丈夫だけど、虫歯が多くて苦労している」のであれば硬い歯ブラシで歯を磨くのもいいですが、「歯周病でどんどん歯が抜けている」のに硬い歯ブラシで横磨きをしても症状はよくなりません。

 

そしてどの歯ブラシがいいのか?自分の状態を知るためにはやはり歯医者さんに行くのがいいと思います。

 


成人の前歯に限局したプチ矯正は部分矯正です。前歯に治療範囲を限定することで期間や費用を抑えることができます。奥歯のかみ合わせに問題がある場合や八重歯の矯正などは適応ではありません。まずは矯正の無料相談をご利用ください。

ただ歯科クリニック HP 

成人矯正・歯並びのお悩み

大人の前歯4本のプチ矯正

目立たないマウスピース矯正

「プチな矯正」HPで前歯に特化した矯正治療が可能な歯科医院にただ歯科クリックも掲載されています。


SH療法は狭窄した歯列を正常にする治療法です。歯列が狭窄していることで起こるかみ合わせや歯並びの問題を改善しする機能を重視した矯正治療です。1日8~10時間の装置の装着でいいので、学校が忙しい中学生や高校生、仕事がある社会人の方にも負担が少ない矯正治療です。

ただ歯科クリニック HP

SH療法~中学生と高校生と成人の萎縮した顎を元に戻す

「SH療法」HPのSH療法を受けられる歯科医院にただ歯科クリニックも掲載されています。

 




前へ:
次へ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



カテゴリ【歯周病についての話】の関連記事

(2018年1月6日更新)

歯を失う理由は歯周病


Blogメニュー


アーカイブ

▶Blogトップへ戻る