【義歯】入れ歯を作るために歯を削る??


【2017年10月13日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

 

入れ歯を作る際に歯を削ることがあります

入れ歯を作るときに、維持安定のために必要な歯の溝や形を整えたりする必要があります。

写真のように歯に少し溝をって入れ歯の動きを抑えます。これを「レスト」といいます。こういったのがある・なしで義歯の動きが変わってきて噛みやすくなったり、噛んだ時に痛みが出なかったりします。

 

他にもちょっとした形態の修正などで、取り外しがしやすくなったり、食べ物が挟まらなくなったりします。

またかぶせている銀歯などがある場合は、外して入れ歯の入りやすい形にした方がいい時もあります。模型上で技工士さんになおしてもらう方が確実だからです。

 

 

歯を削りたくない!というのはそうなんですが・・

このような入れ歯のための前処置の場合は歯のエナメル質のみを修正します。削ったせいで歯が染みるとか虫歯になりやすとかはありません。

またこういった前処置をしないで作るとトラブルを抱えてしまう入れ歯になったり、たまに気を使った技工士さんが削ってない歯の上に維持装置をつけると、噛んだ時に当たってしまうので結局反対の歯を削るか、維持装置を外すかになります。

 

 

自由診療の金属床では設計がさらに自由になります。

またこういった維持装置の細かい設計は、保険ですと制限がありますが、自由診療の金属床の場合は自由度が高いのでより患者さんのご希望に沿った設計ができます。

その場合もこの設計が一番いいというよりは

今使っている入れ歯より噛みやすさを優先する

今使っている入れ歯より話しやすさや、違和感を少なくするのを優先する

今使っている入れ歯より形を小さくするのを優先する

など患者さんの希望に合わせて設計も変わってきます。

 

まとめ

お気軽に相談

 

入れ歯の動きを抑えたりするのに歯の形を修正したり溝を作ることがあります。エナメル質の問題ない範囲で行いますので「え?歯を削るの!?」とびっくりしたりしないようにしてください。こういったことが噛んだ時の入れ歯の動きを抑えて使いやすい入れ歯になります。

 


ただ歯科クリニックは入れ歯の治療に力を入れています。まずは今使っている入れ歯のお悩みを教えてください。義歯の取り扱いは個人差があります。その人にあった入れ歯を作るには、すぐ問題なく使える方もいれば、時間がかかることもあります。

ただ歯科クリニック HP

義歯入れ歯のお悩み

入れ歯の針金が気になる(ノンクラスプ・アルティメットデンチャー)

今よりも快適な入れ歯(金属床)


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【義歯・入れ歯の話】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る