歯の生え変わりから考える男女の成長の違いについて


【2018年3月2日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

初めての方はブログの簡単な注意事項があります。こちらの記事に目を通してください。

 

今日は歯の生え変わりから考える男女の違いについてのお話です。

生え変わりそのものの個人差についてはこちらに書いています。

「生え変わりが遅いので心配・・」

もくじ
①歯の生え変わりは基本男子より女子が早いです。
②前歯4本を並べる犬歯が生えるまでで考えると・・・・?
③生え変わりが早いということは・・?
④受け口・反対咬合で考えると?
⑤男女の成長の違いはどの時期にどの治療を選択するかで意味が変わります。

 

①歯の生え変わりは基本男子より女子が早いです。

子供の歯の生え変わりは男子より女子の方が早い傾向があります。

これは成長、身長が伸びたりするので見てもらうとわかりますが第二次成長期の身長が一番伸びる頃のピークで見ると男子よりも女子のほうが早く、小学校の高学年とかでは男子より大きい女の子は結構多いですが、高校ぐらいになると男子のほうが身長は高くなります。

こういった成長のピークの時期の違いから男子よりも女子のほうが生え変わりが早くなります。

 

 

②前歯4本を並べる犬歯が生えるまでで考えると・・・・?

6歳前後に前歯の生え変わりがあってスペースが足りないような場合、犬歯が生えてくる9歳前後までにスペースを作って前歯4本を並べられるかどうかが一つの勝負所になります。そうなると男子よりも女子のほうが生え変わりが早いので治療ができる期間が短くなる、足りない傾向があります。

もちろん生え変わりの時期は男女だけでなく個人差もあります。

 

7~8歳の前歯のガタガタ叢生

 

 

③生え変わりが早いということは・・?

逆に考えると女子の方が早く大人の歯になります。小学校の5年生で位でほとんど大人の歯になってしまう女子も多いです。床矯正の治療ができる期間と考えると短いのですが、6歳臼歯と犬歯の後ろの第一小臼歯を維持に使うSH療法を始めるタイミングとして考えると早いタイミングで始められます。

男子の場合6年生のこの時期でも第一小臼歯がまだ生えてきてない子供もも多いのでSH療法を始めようとしても装置を作れないために生え変わりを待たないといけなくなったりします。

 

 

④受け口・反対咬合で考えると?

受け口・反対咬合は、10歳前後で前方の成長が止まる上の顎の骨に対して、第二次成長期の身長が伸びる時期にぐんぐんと前方に成長をする下顎の骨の成長の時期の違いが大きな問題になります。

女子の方が男子よりも早く身長の伸びるピークが来るということは、小学校高学年ぐらいから下顎の前方への成長が始まります。逆に言うと身長が止まるころには下顎の成長も止まってきます。反対咬合で抜歯や外科処置などを考えて身長が止まってから治療を考えようとしている場合は女子の方が早くできます。一方そういった下顎の成長のピークの時期が中学生から高校生の時期になる男子は身長が止まるのも20歳前後まで待たないといけません。

 

 

 

⑤男女の成長の違いはどの時期にどの治療を選択するかで意味が変わります。

どういった治療をするのか?成人の矯正治療をするのか?子供の矯正治療をするのか?どういったことをするのかで成長が早い女子と遅い男子ではいい面に働くこともありますし、悪い面に働くこともあります。

そういった違いがあることを理解していいタイミングで子供に矯正治療を受けてもらいたいと思います。

 

 

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

無料相談では費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。矯正の無料相談は、診療日のどの時間でも対応していますが、必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

 

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックの床矯正を行っています。

6~7歳の前歯の生え変わりの時に治療を開始すると、お子さんの成長する力を利用できて歯を抜かずにスペースを作ることができます。取り外しの床矯正は家にいるときと寝ているときに装置をつけてもらうので、学校での生活に負担をかけないで矯正治療をすることができます。

床矯正は9~10歳の犬歯の生え変わりが始まるまでにスペースを作って前歯を並べられるかが成功のポイントです。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

6~7歳の前歯のガタガタ(叢生)は床矯正

ただ歯科クリニックは床矯正研究会の会員です。

 

————————————————————————————————————–

SH療法は狭窄した歯列を正常にする治療法です。歯列が狭窄していることで起こるかみ合わせや歯並びの問題を改善しする機能を重視した矯正治療です。1日8~10時間の装置の装着でいいので、学校が忙しい中学生や高校生、仕事がある社会人の方にも負担が少ない矯正治療です。

ただ歯科クリニック HP

SH療法~中学生と高校生と成人の萎縮した顎を元に戻す

「SH療法」HPのSH療法を受けられる歯科医院にただ歯科クリニックも掲載されています。


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【歯についての話】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る