歯の抜きっぱなしにご注意ください


【2019年7月6日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

初めての方はブログの簡単な注意事項こちらの記事に目を通してください。

 

今日は歯を抜いてそのままにしているとどうなるか?というお話です。

 

もくじ

①1本歯が抜けても気にならない人は多いです。

②歯が抜けたところをそのままにしておくとどうなるの?

③一本歯が抜けたら・・・?

 

①1本歯が抜けても気にならない人は多いです。

何らかの理由(歯周病や虫歯、歯が折れたなど)で1本歯が抜歯になった場合、特に前歯は見た目の問題がありますが、奥歯は抜けた後に食事をしてみてそれほど問題がなければそのままにしてしまうという人は結構います。

 

実際抜けた最初の頃はちょっとその部分が気になるのですが、日数がたつとほとんど気にならなくなります。これは歯がないことに慣れたのではなく、舌や頬などがその部分に入り込んで隙間を埋めるようになったためです。

 

②歯が抜けたところをそのままにしておくとどうなるの?

歯が抜けたところをそのままにしておくと

歯が抜けてしまうと、噛み合う反対の歯、両隣の歯が徐々にその隙間に倒れこんできます。

今回のケースはわかりやすく下の歯が上の抜けたところに入り込んでいるケースです。

 

本来の上の歯の噛む面のラインは黒線のところになります。

歯が抜けたせいで下の歯がだいぶ上に上がってきたのがわかります。

こうなると、どこかのタイミングで上の歯の抜けたところを治療しようとしても

 

ブリッジならば下の歯がそのままならば、おかしな形の低い歯しか入らなくなります。

 

逆に上の歯に合わせてしまうと、下の歯はこのような低い変な形の歯になります。

 

結果としては一本の歯がないのを放置したために両隣の歯、下の歯も治療しないといけません。

またここまで噛み合わせのズレが大きいと歯をかなり削らないといけないので、神経を取る治療もしないといけないので期間もかなりかかります。

 

何もしないとそのままの状態で時間が過ぎるわけではなく、口の中は変化をしていき、後で治療しようと思ってもその時とは違う状態になって治療がより複雑になります。

 

③一本歯が抜けたら・・・?

一番奥の歯以外の場合、歯が抜けたら

保険診療では

・両隣の歯を削ってブリッジ

・小さな一本だけの入れ歯

という2つのどちらかになります。

 

 

保険外ですと顎の骨に直接ネジを打ち込む

インプラントというのもあります。

(当院では行っていません)

 

 

もう一つは「なにもしない」なのですが、この時に

今の状態を守ることが必要になります。

 

一番確実なのは保険で入れ歯を作って寝ているときだけ入れる。

入れ歯を作ったら日中も必ず入れなければいけないということではありません。

矯正治療の後戻りを防ぐ「保定装置」と呼ばれるものには、入れ歯のような形のものがあり、それを寝ているときに入れて歯が動くのを防ぎます。それに近い感じですね。なぜか矯正装置だと(床矯正やSH療法でも)みなさん入れてくれるのですが、呼び方が「入れ歯」になると途端に拒否をする人が多いように思います。

 

特に将来インプラントなどの治療を考えている場合に、放置していたためにかみ合わせや両隣・反対の噛み合う歯が動いていると、インプラントを始める前にそういった歯の治療をしていないといけません。

 

④噛み合わせの乱れは将来のリスクになります

今日は一本だけでしたが、噛み合わせのズレはそうした一本単位から始まり徐々にずれていくと最終的には全体のずれになっていきます。

 

このぐらいまでズレてしまうと修正するのはかなり大変ですし、入れ歯なども安定しなくなるので苦労するようになります。

 

「何かあったときだけ」

「余計なことをしない」

という気持ちもわかりますが、必ずしも

何もしないというのは現状維持ではないということもご理解ください。

 


ただ歯科クリニックは入れ歯の治療に力を入れています。

まずは今使っている入れ歯のお悩みを教えてください。義歯の取り扱いは個人差があります。入れ歯は、すぐ問題なく使える方もいれば、時間がかかることもあります。今使っている入れ歯をよりよく改善していくことがまずは大事になります。

入れ歯の針金が気になる(ノンクラスプ・アルティメットデンチャー)

今よりも快適な入れ歯(金属床)




前へ:
次へ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



カテゴリ【義歯・入れ歯の話】の関連記事


Blogメニュー


アーカイブ

▶Blogトップへ戻る