【義歯】入れ歯のお悩み


義歯治療は1本歯を失ったときから、すべての歯が抜けてしまったときまで対応できるとても守備範囲の広い治療法です。また歯を足したり、顎がやせて来たら内側を合わせたり、定期的に調整や修理をすることで患者さんの体やお口の中の変化に対応して合わせることができる治療法でもあります。

 

一方で義歯というのは、すごく大きな義歯を問題なく使える患者さんもいれば、小さな義歯でも気になって全く入れられないという方もいます。使ってみた時の個人差が大きいために、その人に合わせていく必要があるのも義歯治療の特徴の一つです。

その人に会った入れ歯を

保険診療の義歯では材料などの制限や設計上の制約があります。自由診療の義歯ではそういったことがないので、より快適に使うことができる入れ歯を作れる方もいます。他にも自由診療では入れ歯を支える歯に針金を使わないことで、針金を気にしないで笑うようにできることも可能です。ただしこれも自由診療であればすべての患者さんが満足できるかといことではありません。

入れ歯の形は様々

 

入れ歯の治療はひとりひとりの患者さんの要望に合わせて行っていきます。短い回数で治療が終わる方もいますが、患者さんによっては長い期間をかけて慣れていく方もいます。また残念ながらどうしても使えるようにならなかったという方もいます。まずは今悩んでいることを聞かせてください。

まずは相談してください

 

今の入れ歯が合わない理由を知ってみませんか?

「入れ歯が合わない」
「うまく噛めない」
「痛くて使えない」
「しゃべりづらい」
「すぐに割れてしまう」

など今の使っている義歯の問題があります。

 

「例えば何回作っても入れ歯が割れてしまう!」という方がいます。

保険の材料では義歯が割れてしまうので、自由診療の金属床にすれば大丈夫という方もいます。しかし割れている原因が全体のかみ合わせが歪んでいることで左右に噛めなかったりしているようだと金属床でも割れてしまうことがあります。

 

例えば写真のようにかみ合わせが歪んでしまっている場合、安定した義歯を入れるのは難しくなります。まずはかみ合わせの治療をしてバランスをなおすことが必要です。長年の口の中の問題で、かみ合わせが歪んでくると左右で均等に噛めなくなったりずらして噛んだりするようになります。そうなるとシーソーのように義歯が動いてしまう方もいます。

長年の問題で狂ってしまったかみ合わせ

何回も新し義歯を作っても、均等に噛めないのでうまく噛めませんし、義歯が動くので当たっていたいところが出てきます。

 

入れ歯が動くのは他にも入れ歯の維持になる歯が歯周病でグラグラの方もいます。いくら入れ歯をきつくして適合をよくしても噛んだら歯が動くのでは義歯も動きます。まず必要なのは歯周病の治療です。入れ歯だけよければいいというものではありません。

歯周病

まずは今使っている入れ歯がなんで合わないのか?なんで使えないのかを知りましょう。やみくもに作り直しても問題は解決できません。

 

今使っている入れ歯を修理・調整させてください

ただ歯科クリニックでは、新しい義歯をいきなり作ることはしません。まずは今使ってる義歯を調整や修理をして使えるようになってもらいます。入れ歯の使用感は個人差が大きくあります。保険の入れ歯でも問題なく使える方もいれば、自由診療の入れ歯でも入れられない方や、取り外しであることそのものが我慢できない方もいます。

 

まずは今の義歯を基準にして、それでも改善したいことがあるのか?それが新しい義歯でできるのか?ということを知るのが大事です。一発勝負で新しい義歯を作るのはお勧めしません。

 

 

入れ歯が難しくなる8つのお口の中

①入れ歯になれることができない

義歯が口の中に入れるのが全くダメな方もいます。入れているときの違和感が調整をしたり、自由診療の義歯にすることで改善する方もいます。一方でどんなに調整をしても難しいことがあります。ものすごい大きな義歯でも問題なく使える人もいれば、小さな義歯でも気になって入れられないという方もいます。できる限りの努力はしますが使用感は個人差がかなり大きいことをご理解ください。

どうしても難しい場合は他の治療法を選ぶ必要があります。

 

②あちこち虫歯だらけで、虫歯のリスクが高い

針金をかけている歯が虫歯で大きな治療が必要になれば義歯も新しくしたり修理が必要です。入れ歯の針金に合わせて歯を作るのは難しいです。そういった方は1つの入れ歯を長期的に使うのは難しく何かあったら義歯も新しくする必要があります。

むし歯

③歯周病で歯がグラグラ

歯周病でグラグラの歯に維持のための針金をつけたら、いくら適合のいい義歯を作っても安定しません。歯周病の治療も同時に行っていくことが必要です。

歯周病  歯周病

④歯が倒れている。歯並びが悪い。歯の形が悪い。

今現在のかみ合わせや、義歯の維持に使う歯の位置や形に問題があれば、義歯の形が悪かったり無理な力がかかって破損の原因となります。できる範囲でそういった問題を改善することでより快適な義歯を入れることができます。

 

⑤骨隆起などがある

骨隆起と言いう内側の顎の骨が出ている方がいます。そういった方の場合、義歯を普通に入れると骨に当たってしまい痛くて入れられないことがあります。骨に当たらないよう義歯を小さくすると安定しないので噛めなくなったりします。

 

⑥かみ合わせがずれている

長年の歯を失っていく中でかみ合わせが大きくずれてくる方がいます。修正できる範囲で修正はしてみますが患者さんによっては今とかみ合わせがちょっとでも変わることで違和感が出てしまう方もいます。

 

⑦入れ歯安定剤を長期的に使っている

合わない入れ歯の内側に長期的に入れ歯安定剤を使用すると、かみ合わせや内側の不適合の力を受けた顎の骨が通常とは違った吸収をしていきます。一時的な安定剤の使用は問題ありませんが毎日の使用で変形した顎の骨は新しい義歯を作る際に問題になります。

 

⑧顎の骨が少ない

歯周病や長年の合わない入れ歯の刺激などで顎の骨が病的になくなっていく方がいます。そういった方の場合義歯が安定しなかったり、噛むと痛みが出やすかったりします。

 

 

入れ歯を家とすると、おしゃれなデザインの家や丈夫な家にこだわることも大事です。しかし傾いた斜面に立てたり、地盤が緩いところに立てたり、崖の上や下に立てたりすれば家の外見がどんなに良くても、問題があります。

 

入れ歯を入れるということは何らかの原因があって歯が失われたために入れるわけです。健康な歯を抜いてでも入れ歯を入れる人はいません。歯が失った原因がそのままであれば保険や自由診療、材料の違いで何らかの入れ歯を作ってもまた新しい入れ歯が必要な環境ができてしまいます。

 

ただ歯科クリニックでは必要であれば義歯の治療の前に、こういった問題の治療を行うことがあります。問題は1つだけでなく何個か同時に起こっていることもあります。またすべて改善できればいいですが、できないこともあります。しかし少しでも改善できることがあればそれから新し義歯を製作するのがより快適な義歯にする近道だと思います。

今の入れ歯をより快適にしたい方はこちら(自由診療の入れ歯です)

入れ歯の針金が気になる~ノンクラスプデンチャー

今より快適な入れ歯を~金属床

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加