乳歯の間に大人の歯が生えてくる準備をしませんか?


大人の歯が生えてきてから歯並びを治そうとしても・・?

6歳前後の大人の歯が生えてきたときに子供の歯並びに問題があることに気づいて相談に来るお母さんは多いです。

 

7~8歳の前歯のガタガタ叢生

 

成長期の子供達で歯並びの問題を抱える子供の多くは、正しい発達ができなかった機能の問題と成長発育のの問題を抱えています。歯並びだけが問題ではなく様々な問題の中の一つが歯並びになります。

 

 

 

この時に、こういった他の問題を無視して歯並びだけアプローチしても

 

 

このようなアンバランスな形になってしまい、他の子供では簡単に動く動きが同じように動かなかったり、せっかく並んだきれいな歯でもうまく噛めなかったり、後戻りの原因の一つや早い段階で改善をしてもまた新しい問題が起こったりします。理想的には

 

 

このように全体がバランスよく改善することで、その後も正しい成長と発育をしていくことができます。

 

あくまでも子供の矯正治療というのは

ある時点での歯並びの問題を解決することはできますが、これから生えてくる歯、口の中の成長を保証するわけではありません。

虫歯を治療しても新しい虫歯ができるかどうかはその後の歯ブラシや、砂糖の摂取などの生活の管理が大事になります。虫歯になった原因を改善しなければまた新しい虫歯ができるように、歯並びが悪くなった問題に目を向けなければ、今生えている子供の歯並びを改善しても、これから生えてくる永久歯が影響を受けてまた次の問題が生まれます。

 

3~6歳の頃の子育ての問題は歯並びの黄色信号

このように考えると3~6歳の中で起こる子供の呼吸だったり、食事だったり、運動だったり様々な発達の問題の中で歯列不正という歯並びの問題も出てきます。

 

元開らが調べたところでは過蓋咬合と呼ばれる噛み合わせの深い子供たちは、通常の子供よりも「好き嫌いが多い」「食べこぼしが多い」「噛み切れない」など食べることの問題を抱えている子供が通常うより多いことが指摘されています。

 

歯並びという見た目の問題のみで考えてしまうと、「今は見た目が気にならないから矯正治療はしなくていい」という選択肢も出てきます。しかし歯並びと同時に起こっている機能の問題がそのままになることで、子供たちは「食べること」の問題を改善することができません。

 

気づいたとしても、好き嫌いを本人の問題にしてしまうと、食べこぼしが多かったりするのを行儀のいい・悪いという観点でとらえてしまいます。本人にいくら注意をしても、改善はしていきません。

 

 

大人の歯が生えてくるまでに準備をしなければいけないこと

大人の歯が生えてくる6歳前後というのは子供たちにとってどういった時期でしょうか?大きなイベントは「小学校に入学」することがあります。子育ての中では、小学校の入学の時までに様々なことができるようにしていかなければいけません。

 

例えば服を一人で着れる・脱げる、靴を履ける、トイレができるとかが必要ですし、学校までひとりで行って一人で帰れるようにならないといけません。お昼ご飯は給食の決まった時間に食べないといけませんし、それまでにお腹が減ったからと言って間食はできませんし、家のように好き嫌いが多い子供に合わせてメニューが出てくるわけでもありませんし、食べやすく調理されたりするわけでもありません。

 

大人の歯が生えてくる6歳前後までに口の中でも目標が必要だと思います。

⓵虫歯ゼロ(あっても治療は終わらせる)
②口を閉じてしっかり鼻呼吸
③好き嫌いがなく残さないでご飯を食べれる。
④立ってる時も座っているときもぐにゃっとしないできれいな姿勢
⑤お出かけしても「疲れたー抱っこ―」と言わないでしっかり歩く

といったことが必要と考えます。

 

正しい成長と発達に必要なことは?

ただ歯科クリニックでは3歳から6歳のこどもたちに意識をしてほしいのは「食育」「息育」「足育」の3つだと思います。

これらはそれぞれが独立しているのではなく、それぞれ関連をしてお互いが関係していくことで正しい成長が行われていきます。食育は食べることに関することで、息育は呼吸や睡眠に関することです。足育は足元から運動の機能や姿勢を考えます。

 

例えば鼻をつまんで食事を全部食べてみると、普段よりも食べづらくなります。正しい鼻呼吸の子供と、口呼吸の子供では呼吸によって噛む回数が変わってきます。「よく噛んで!」といっても呼吸が悪ければ噛めません。

 

食事の時の姿勢もかみ合わせには大事です。両足をつけないで椅子に座って食事をすると噛む力や噛む回数も減ります。ブランブランの足で座っていると姿勢も悪くなってしまいます。

 

本来、足育も息育も、食育、食べることも基本的なことは3歳前後の乳歯がしっかり生えて離乳が終わってきたときにクリアしていないといけないことです。またそれまでに哺乳や離乳、様々な運動機能の獲得と同じように成長の中でできるようになっていくものです。

 

子供達の口の中の機能の発達の問題は2018年から「口腔機能発達不全症」という病名がつくことになりました。歯並びへの影響に関係なく、咀嚼・嚥下・呼吸・睡眠・発音機能などの異常が認められる子供に対して管理をして改善をしていかないといけません。正しい機能の発達ができないことは、その時に困るかどうか?だけではなく、発達に問題があったまま高齢になったときに、年齢による機能の低下が起こってしまうと、正常な発達をしている人よりも早く衰えていくからです。

 

 

3歳までの口の機能の発達の問題は母親教室があります

ただ歯科クリニックでは「0~1歳児」「1歳から3歳まで」の母親教室を行っています。この時期の子育てに必要なのはマニュアルとかではなく、「やってはいけない」ことをお母さんが知ることでこういった3~6歳になったときのできないことの多くを防止することができます。

 

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

機能の発達不良が乳歯に影響を及ぼしている場合には矯正治療をお勧めします。

まだ乳歯であっても

⓵乳歯で前歯がガタガタ

乳歯のガタガタ矯正が必要

 

②乳歯の反対咬合・受け口

乳歯の反対咬合

③乳歯の過蓋咬合・深いかみ合わせ

これらの歯並びは機能の問題が乳歯の歯並びに影響を及ぼしているケースです。ただ歯科クリニックではこういったケースでは3~4歳であっても矯正治療をお勧めします。

詳しくはこちらをご覧ください

 

ただ歯科クリニックでは食育・息育・足育の3つの観点からアプローチします。

食育:健全な食生活をするために

☑好き嫌いが多い、偏食

☑食べる量が少ない、いつも残してしまう

☑食べるときに遊び食べをして食べてくれない。

☑食べるといつまでも噛んでいる

☑噛まないで丸のみ

☑甘いものすぐに食べる、虫歯が多い

☑くちゃくちゃ音を立てて食べる

 

食育については☟をクリックしてください。

 

 

息育

☑いつもぽかんと口を開いている

☑寝ているといびきをかく

☑唇の周りがいつも乾燥している

☑姿勢が猫背

☑口を閉じると梅干しのようなしわができる

☑寝起きが悪い

 

息育については☟をクリックしてください

 

足育

☑歩くとすぐに疲れたという

☑ジャンプをしたり、走ったりするのが苦手

☑転びやすい、転ぶと手を前につけない

☑靴はお下がりを使っている

☑本人が履きたいキャラクターの靴を履かせている

☑夏はサンダルを履いている

 

足育については☟をクリックしてください。

 

 

正しい機能を獲得して、きれいな歯並びに

歯は本来は内側から押す舌・べろと、外側から押す唇や頬の筋肉のバランスの一番いいところに並んでいます。永久歯が正しい位置に生えてこない子供は口の周囲の筋肉の問題、機能の問題があります。

歯は一か八か生えてくるのではなく、体の機能に合わせた位置に生えてきます。機能が低下している子供の歯は、足りない機能でも使える位置に生えます。舌が悪い動きをしている子供の歯は、悪い動きをする舌に合わせて歯が生えますし、噛んでいない子供の歯は、噛まなくてもいい位置に生えてきます。

 

ウォルフの法則というのがあります。ドイツの外科医ユリウス・ウォルフ(1836~1902)が唱えた法則で「骨は反復される長期間の機能に従って、その機能の最も適した形態に変化する」と言われています。悪い癖を放置することで、骨は足りない機能に合わせて成長をします。

 

すべての子供の歯並びの問題が、機能の低下による成長や発達の問題で起こるわけではありません。しかし機能に問題を抱えた子供、何らかの発達に問題がある子供たちは歯並びだけアプローチしてもうまくいかなかったり、通常と同じ経過をたどらなかったり、新しい問題が発生してしまいます。まずはこういった成長の中で「ちょっとおかしいな?」と思うことが大切です。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加