【歯周病】40代の80%は歯周病です


歯周病なんて怖くないですか??

まだ大丈夫?それとももう歯周病?

40代の約80%が歯周病と言われています。しかし歯周病は大きな特徴の一つに自覚症状が少ないというのがあります。自覚症状がないために、歯周病であることに気づいていない人がたくさんいます。

 

歯周病とは下の図や写真のような黒い「歯石」と呼ばれる細菌の隠れ家が歯についてくるところから始まります。この歯石が歯についてくると歯茎が腫れてきます。そうすると下のような症状が出てきます。しかしこのころは歯が大きく揺れたり痛くて咬めないということはないので、そのままにしている方もたくさんいます。

 

歯周病の最初に気づく症状として

歯磨きをすると歯ぐきから出血をしする

歯ぐきが赤く腫れている

細菌が悪臭を出して臭いが気になる

 

 

しかしもっと恐ろしいのは歯周病が進行すると歯を支える周りの骨が溶けて、歯が揺れていきます。

 

最初は歯と歯ぐきの境目についていた歯石は下の写真のようにどんどん根元に進行していきます。そうして徐々に根元に行くに従い、歯の周りの骨を溶かしていきます。最終的に歯の周りの支える骨がなくなると歯が抜けてしまいます。

 

多くの方がこのような状態になって歯がグラグラ揺れてきた時に歯科医院に来ます。しかしその時には歯周病の進行を止めるのが難しい状態です。溶けてしまった歯の周りの骨を戻す治療はできません。

  

ほんとうに歯周病大丈夫ですか?

歯周病のリスクをもう1回確認しましょう。

40代のの80%がかかっている

ほっておくと歯が抜ける

自覚症状が少ない

進行すると元に戻すのが難しい

歯が抜ける一番の原因は虫歯ではなく歯周病です。歯周病のは自覚症状が少ないことから、早期発見・早期治療が大事になります。ではどのタイミングで歯科医院に来ればいいのでしょうか?

多くの方は中度~重度になってから歯科医院に来院します。

歯周病の症状は軽度~重度まで以下のようになります。

軽度:自覚症状なし
中程度:歯ブラシでの出血
    歯茎の軽度の腫れ
    歯が動くけど問題なく噛める
    歯が長くなってきた
重度:歯がグラグラ動いて噛めない

歯ブラシの時に出血があるというのは歯ぐきが炎症を起こしている状態です。もうその時点で歯と歯茎の間の見えないところに歯石がついていて骨が溶けています。ただしこの時期はまだ痛くて咬めないとかはないです。でも実際は中程度の骨の吸収が始まっています。

 

そして歯周病菌は歯ぐきから出血した血液を餌にします。

虫歯菌に砂糖を上げないことが大事です

中程度の歯周病での歯ブラシでの出血は痛みがなくても歯周病菌にえさを与えている状態になります。虫歯だらけの人が甘いものを今以上に食べてしまっている状態です。甘いものをやめることはできますが、血液を体からなくすことはできません。大事なのは中程度の状態になる前にもしくはその時にできるだけ早く治療を開始することです。

 

歯周病の治療は細菌との戦いです。

 

治療の基本はお口の中の細菌を減らすことが基本です。家庭での毎日のブラッシングと歯科医院での歯石取りが治療の中心になります。歯石は歯ブラシでとることはできません。歯科医院で専用の機械を使わないと除去できません。

位相差顕微鏡で見る細菌

歯石の除去が終わると歯周病の治療が終わったわけではありません。歯周病は必ず再発します。時間とともに細菌が増えて隠れ家の歯石ができていきます。細菌が隠れ家を作る前に出す膜をバイオフィルムと言います。排水溝などのぬめりもバイオフィルムの一種です。掃除をいくらしてもまたそのうちぬめりはついてきます。同じように細菌は徐々に繁殖をしていきます。

そこで定期的に歯科医院で歯石の除去を受けることが大事になります。つまり自覚症状が出る前から歯科医院で定期的に歯石除去をすることが歯周病の早期発見・早期治療になります。進行してから治療をするのではなく、進行しないように早いうちから治療をするのが必要になります。

 

もう一つ歯周病には知っておかなければいけないことがあります。

こちらをクリックしてください。

生涯医療費は歯で決まる?

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加