前歯の目立たないマウスピース矯正(スターアライン・クリアアライナー)


矯正装置の見た目が気になる方は、マウスピース矯正がお勧めです。

一般的な矯正は写真のように、取り外しができない・見た目が悪い・食事をするのが大変・しゃべりづらい・頬や唇に傷がつくといったことがあります。

 

一般的なワイヤー矯正

 

見た目もよく、食事や会話の邪魔にならないで矯正できないだろうか?そういったお悩みの方はマウスピース矯正がおすすめです。

   目立たないマウスピース矯正

このページで言う「マウスピース矯正」とはスターアライン、クリアアライナー(ASOアライナー)のことを言います。

 

マウスピース矯正の5つのメリット!

透明なので目立たない

従来のワイヤーを使った矯正と比べて透明ですので装着しても目立ちません。

 

粘膜を傷つけるのが少ない

従来のワイヤーを使った矯正と比べて唇やべろの動きを邪魔しないので傷ができにくいです。

 

取り外しが可能なので衛生的

取り外しが可能なので歯ブラシは今まで通りにできます。また1か月くらいで装置を交換するので衛生的です。

歯ブラシは今まで通り

食事はいつも通り

食事の時にはマウスピースは外すのでいつも通りにできます。

矯正中の食事もいつも通り

金属アレルギーの方にも安心

透明なプラスチックの装置を使いますので金属アレルギーの方にも安心して使えます。

 

どんな歯並びだと前歯のマウスピース矯正ができるの?

ただ歯科クリニックの「前歯のマウスピース矯正」は「抜歯・外科処置を必要としないケース・奥歯のかみ合わせに問題がないケース」に行っています。奥歯のかみ合わせに問題がある場合、奥歯が欠損されている場合はお断りすることがあります。また難しい場合があります。また前後関係のアーチを出したり下げたりするようなことも難しいです。

 

前歯のガタガタの歯並び(叢生)

前歯のガタガタ(叢生)

前歯の歯と歯の間に隙間がある(空隙歯列)

隙間のある歯並び(空隙歯列)

 

かみ合わせが深い(軽度の過蓋咬合)

深いかみ合わせ(過蓋咬合)

前歯がかみ合わない(軽度の開口)

軽度の開口

 

スターアライン

スターアラインはマウスピース矯正にデジタル技術を応用した治療法です。初回の型取りを元に、コンピューター上で歯を動かし診断と治療計画を立てます。デジタル上で歯を動かすので従来の方法よりも来院回数を短くして、治療期間を短縮することができます。また治療計画を立てることにより、最終的に歯が動いた状態を患者さんに模型と画面で見てもらうことができます。治療計画により何個のマウスピースで治療可能か?というのがわかります。治療期間・費用をを話しすることできます。

 

 

スターアラインの治療の流れ

レントゲン・型取りなど必要な資料を集めます。

 

型取り・レントゲン

 

それらの資料からコンピューター上でシュミレーションをします。治療に必要な期間・費用がわかります。

コンピューター上で歯の動きをシュミレーション

シュミレーションの結果をお話しします。(この時点で治療を行わない場合も診断料が発生します)

シュミレーションを元に説明

マウスピース装置の装着 

マウスピース装着

3週間マウスピースを使用(1日20時間以上)

来院してチェック、問題がなければ次のマウスピースを装着

月に一回のチェック

⑤と⑥を4回繰り返して問題がなければ型取りをして再度コンピューターでシュミレーションをする。 問題がある場合は修正する。これを繰り返していきます。

 

マウスピース矯正を成功させるために

マウスピース矯正装置は取り外しの装置です。患者さんが約束を守り正しい使い方をしなければ治療の遅れや正しく歯が動かないことがあります。

最低20時間以上の装着を毎日お願いします。ほとんどの方は食事以外装着していただいています。

来院間隔は3週間から4週間でお願いします。違和感がないように薄いマウスピースを使っています。あまり間隔があくとマウスピースが破損します。 

 

 

クリアアライナー(AsoAlgner)

クリアライナー(AsoAlgner)はマウスピース矯正の治療法の一つです。1回で2または3種類のマウスピースを使用してもらい歯を動かしていきます。

 

クリアアライナー(AsoAlgner)とスターアラインの違い

クリアアライナーはスターアラインと歯を動かすメカニズムは同じになります。適応症は同じです。「抜歯や外科処置を必要としないもの・奥歯のかみ合わせに問題がないもの」になります。大きな違いはスターアラインは1回の型取りで4回分のマウスピースを作成するのに対して、クリアアライナーは毎回来院時に型取りをしてマウスピースを作成します。型取りをしてからマウスピースを作るまでに期間がありますのでスターアラインよりも治療期間が長くなります。スターアラインのように最初にシュミレーションを立てれませんので、最後までどのぐらいのマウスピースが必要かわかりません。つまり最初の時点で期間・費用はどのくらいになるかわかりません。

ただクリアアライナーは逆に型取りをしてすぐに制作できるので、他の治療との併用がしやすくなります。ワイヤーで行う前に簡単な歯の移動やスペースを作ったり、一本だけの歯の動きの修正、のような簡単な動きの時には逆にスターアラインのようなシュミレーションをしないでできるクリアアライナーのほうがいいと思います。

 

 

 

クリアアライナーの治療の流れ

レントゲン・型取りなど必要な資料を集めます。

 

型取り・レントゲン

 

 

マウスピースの装着

マウスピースセット

3週間マウスピースを使用(1日20時間以上)

来院してチェック。問題なければ型取り

 

 

 

②③④を繰り返す。

 

治療費

治療費は税別です。スターアラインもクリアアライナーも同じです。

例えば上のみで8STEPであれば35,000円+35,000円×8=315,000円になります。

上下で上下10STEP必要ですと35,000円+70,000円×10=735,000円になります。

繰り返しになりますがスターアラインではシュミレーションをしないとわかりません。クリアライナーの場合は何ステップ必要かは治療開始時にはわかりませんのでご注意ください。

診断料(スターアラインの場合はシュミレーション代を含む) 35,000円
マウスピース 片側 1STEP

35,000円

マウスピース 上下 1STEP 70,000円


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム