医院紹介・施設紹介


院長挨拶

当院は名取市で多田歯科医院としてスタートしました。その後1991年に仙台市泉区に移転をしてから20年以上が過ぎました。今でも遠く名取や岩沼から30年以上のお付き合いがある患者さんも通っていただいています。そうした中4人に1人が高齢者となった高齢化社会の今、これまでも力を入れていた入れ歯の治療も様々な方法を取り入れています。また、出生率の減少により子供の数は減っているのに歯並びの悪い子供が増えています。そういった子供への矯正治療にも積極的に取り組んでおります。

治療が終わっても、再び悪くならないように継続的に患者さんとのお付き合いをさせていただくのが大事だと思っています。これからも私たちはこのように長いおつきあいのできる歯科医院にこれからもなり、様々な患者さんの「思い」に応えられるような歯科医院になるようにこれからも努力をしてまいりたいと考えております。

職員紹介

院長多田恒也

略歴

昭和53年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得

昭和55年 多田歯科医院開設(名取市)

平成 3年 泉パークタウンに移転ただ歯科クリニック開設 現在に至る      

 日本歯科医師会

宮城県歯科医師会

仙台市歯科医師会

 

副院長多田陵

所属

日本顎咬合学会会員
床矯正研究会会員 床矯正研究会会員名簿

 isimp 国際歯周内科学研究会会員 会員名簿

SHTA会員 SH療法を受けれる歯科医院

インビザライン認定医

スターアライン認定医

クリアアライン―認定医

乳歯列反対咬合を考える会

宮城こども病院登録医

 

 

院内施設の紹介

受付

患者さんが安心して起こしいただけるよう親切丁寧に対応します。毎月の保険証の提示をお願いします。

 

待合室

リラックスしてお待ちください。新聞・雑誌・漫画などがあります。医院からのインフォメーションをテレビに表示しています。

 

キッズルーム

次の順番が来るまで、遊んでお待ちください。子供さんに喜んでもらえるようなキッズルームになるようにしています。たまに帰りたくないとお母さんにいっているお子さんもいます。アイスクリーム屋さんセットは男の子にも人気です。

   

治療後のご褒美

お子さんは治療後にご褒美があります。最近はくじが人気です。

  

 

 

診療室

患者さんが安心して治療を受けられるようにしています。診療室に入る際は貴重品・コートもお持ちください。

 

パウダールーム

簡単なパウダースペースを用意してます。お仕事帰りや学校から直接来る時に診療前に歯磨きなどでご利用ください。

 

駐車場

6台分のスペースがあります。お気軽に車でお越しください。

 

 

消毒・滅菌器具の紹介

ただ歯科クリニックは歯科外来診療環境体制を算定している歯科医院です。歯科外来診療環境体制とは、歯科診療時の偶発症など緊急時の対応,

感染症対策としての装置器具の設置を行っています。厚生労働省に申請をし定めた施設基準に適合している医院となります。

e-クレープ

主な治療器具の滅菌をしています。オートクレープ滅菌で微生物・ウィルスを死滅させます。

 

e-クレープⅡ

タービンなどの切削器具やバーなどを滅菌しています。

 

EO水

EO水(酸化電解機能水)は食塩水を電気分解することで得られる次亜塩素酸を主成分とする殺菌水です。様々な最近・ウィルスを瞬時に殺菌します。また安全性が高く、歯科以外でもアトピー性皮膚炎、病院や介護施設の衛生管理、赤ちゃんのおむつかぶれ、ニキビ、水虫、ペットの臭い消しなどにも使われています。薬のような副作用もなく、うがい薬、洗口剤としても使われています。

 

 

レントゲン機器

デジタルパノラマレントゲン

パノラマレントゲンは従来のアナログタイプではなくデジタルタイプを採用しています。それにより患者さんの照射線量を従来機の1/4以下に抑えるとともに、パソコン上にすぐ画像を出すことで現像時間の短縮をします。お口の中の状態、虫歯や歯周病の確認、顎関節の状態、小児の永久歯の生え変わりの確認、親知らずの位置を調べる際に撮影します。

 

セファロレントゲン

正面・横からの撮影で主に矯正治療で使用します。レントゲンから骨の位置関係を分析します。

 

 

診療器具の紹介

Nd-YAGレーザー

歯質の強化、歯周病の歯石除去・殺菌・治癒促進、根の治療への応用、知覚過敏処置、止血処置、疼痛緩和、口内炎、歯の漂白や歯ぐぎの黒ずみの除去など様々な治療に使用しています。

特に矯正治療での金具を付けた時に事前に照射をすることで痛みの軽減を行うことで歯を動かしやすくしています。また簡単な小帯切除などの外科処置も、ほとんど出血をしないで行えます。縫合の必要もないのでお子さんの負担もすくなくなります。(2018年4月より一部治療での保険治療での使用が可能になった機種になります)

   

位相差顕微鏡

歯周病の説明、歯周内科や3DSなどの自由診療の歯周病治療で使用します。お口の中の細菌の種類や質、活動性の把握を行います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加