中学生・高校生のインビザラインを用いたマウスピース矯正


このページの診療は自由診療に該当します。

 

このような疑問にこのページでは答えます。

☑あまり歯に器具をつけない目立ちにくい矯正治療をしたい。
☑部活やスポーツをしていて矯正治療が邪魔にならないか心配。
☑矯正治療中に虫歯にならないか心配。
☑学校や部活、塾などが忙しいので来院間隔が心配。

 

そのお悩み『ただ歯科クリニック』のマウスピース矯正で

解決できるかもしれません。

 

インビザラインとは?

インビザラインは1997年アメリカのアラインテクノロジー社で開発されたマウスピース矯正のシステムです。日本では2006年から開始されたマウスピース矯正のシステムです。

 

インビザライン

 

型取りしたデータをもとにコンピューター上で治療計画を立てて矯正治療をします。他のマウスピース矯正のシステムと違い、歯だけを覆う独自の違和感の少ないマウスピースの形と「アタッチメント」と呼ばれる歯に突起をつけてそれまでのマウスピース矯正では不可能な動きができたり、効果的に歯を動かす様々な技術があるのが特徴です。

 

1枚のマウスピースを10日から14日間装着し、0.2ミリ前後歯を移動していきます。そうして何枚もマウスピースを交換をしていき歯を移動していきます。

 

インビザラインの特徴

目立ちにくい

透明なマウスピースは、通常の歯に金具をつけた矯正より目立ちにくいのが特徴です。

 

取り外しができる

食事や歯磨きの時にはマウスピースを取り外すことができるので、歯の手入れは普段通りにできます。口腔内は衛生的で健康的な状態を保つことができます。

 

違和感が少ない

歯に器具をつける矯正よりも口の中での違和感が少なくなります。また他のマウスピース矯正と比較してもインビザラインは歯のみを覆う形態ですので違和感が少なく、しゃべったり日常生活への矯正治療の負担が少なくなります。

 

中学生・高校生のインビザラインとは?

インビザラインには以前には「インビザラインティーン」という独立した10代のためのマウスピース矯正のシステムがありました。このシステムを使ったマウスピースを使った矯正治療になります。

 

 

成長期の子供に合わせた特徴

成人のインビザラインと違い、10代で行うインビザラインには

●まだ歯の萌出が完全でないことがあり、あらかじめ歯の萌出を予測して、治療計画を立ててマウスピースを作成することができます。

●下の顎の骨の成長が利用できる10代だけの顎の誘導システムがあります。

●モチベーション維持が難しい10代のための使用時間で色が変化するインジケーターをつけることで装着時間の過不足がわかりやすくなります。

といった細かいところが成人のインビザラインとの違いになります。

 

インビザラインの治療の流れ

①初回は無料相談です。お口の中を見て治療についての説明をします。

②レントゲン・写真撮影・歯型を取り資料を集めます。
③治療計画ソフトを使用して治療計画を作成します。この治療計画で予測される歯の最終的な歯並びが示されて必要なマウスピースの数等も決まってきます。

④カスタマイズされたアライナーを装着します。10日から14日で交換をするマウスピースを2~3セット受け取り1か月ごとにチェックをしていきます。

⑤当初の治療計画と違う動きや遅れがあった場合、再度資料を集め治療計画を立てることができます。(治療開始日より5年間は有効)
⑥治療が完了して歯並びが整ったら、一定期間保定装置を装着して後戻りするのを防ぎます。

*ハイブリッドケース、インビザライン開始前に別な治療法を行うケースの場合はこの前に必要な治療が入ってきます。

 

 

インビザラインの治療期間

インビザラインフルおよびハイブリッドケースでは大体2~3年前後の治療期間を目指していきます。年齢が若い10代では成人に比べると動きがいいことが多いので、装着時間が守られていれば、成人では通常10日から14日での交換になりますが、1枚のマウスピースの装着日数を短くすることも可能になる場合があります。しかし学校や部活、塾など忙しい中高生の場合、装着時間が足りなくなったりすると治療の進みが予定より遅くなることがあります。

 

最初型取りをした後に治療計画を立てたときにおおよそのマウスピースの枚数がわかります。しかし半分以上のケースは途中のどこかで計画の修正を行います。そこでまた修正した治療計画でマウスピースを製作します。最初のマウスピースの個数は治療期間の確定事項ではありません。

 

忙しい中高生では通院間隔のコントロールが可能です

通常は1か月での来院で適合等をチェックしてまた1か月分のマウスピースを渡していきます。しかし忙しい中高生の場合特にテストや大会等で来院が難しい時などは、2か月分とかのマウスピースを渡したりして来院間隔のコントロールをすることが可能です。ただし期間があきすぎで適合のチェックができないことで、予定通りに歯が動かなくなることがあります。

 

10代のインビザラインのメリット&デメリット

メリット
☑目立ちにくい&装置の違和感が少ないのでので学校生活にあまり負担がありません。
☑装置を外して歯ブラシができるので虫歯のリスクは変わりません。
☑通院間隔がテスト等の学校の行事や部活の大会があったときに遅らせることができます。
☑食事中はマウスピースを外すので食事の制限はありません。

 

デメリット
☑装着時間を守れないと治療が進みません。
☑通院がほとんどできないと治療が進みません。
☑高校生で治療を開始する場合、転院の対応が難しいので、その先の進路次第で治療が中途半端になったり、できない場合があります。

 

インビザラインの治療費用

検査料・診断料・来院時の調整料は治療費に含まれます!

●相談料・・・無料
診断料・・・治療費に含まれます。

(検査をしてから治療をキャンセルされた場合には35,000円いただきます)

●来院時の調整料・・・治療費に含まれます。

治療費の支払いは選べる4つのプラン!

支払いは自分のペースで①1回で支払いを終えたい

②月々の出費を抑えたい

③早めに支払いを置くしたい

④ボーナス月に支払いを多くしたい

〇インビザラインのみで行う場合(税抜き)
①総額・1回で支払いを終えたい 780,000円 支払期間
②月々の出費を抑えたい 毎月32,500円の24回払い 2年
③最初に支払いを多くしたい 初回205,000円+毎月25,000円の23回払い 2年
④ボーナス月の支払いを多くしたい

毎月23,000円の20回払い

半年に1回80,000円を計4回

2年
〇他の治療との併用:ハイブリッドケース(税抜き)
①総額・1回で支払いをしたい 960,000円 支払期間
②月々の出費を抑えたい 毎月40,000円の24回払い

2年

③最初に多めに支払いたい 初回201,000円 毎月33,000円の23回払い 2年
④ボーナス月の支払いを多くしたい

毎月27,000円の20回払い

半年に1回105,000円を計4回

2年

*支払期間はそれぞれの治療法を想定して決めています。

支払期間を短縮する相談には応じますが、これ以上の支払期間を延長する相談は行っていません。

*最初の支払いやボーナス月の支払いを増減して、月々の支払い変えるのは対応します。

 

10代のインビザラインのQ&A

Q1、部活中もマウスピースを装着しないとダメですか?

部活の内容にもよると思います。装着してもパフォーマンスに影響がないの出れば装着をしたほうが確実に歯は動くのでいいと思います。水泳のような競技は浮力等でマウスピースが外れたり浮く可能性があるので外したほうがいいかもしれません。まずは無料相談時にご自身の部活についてのお話をしてください。

 

Q2,高校を卒業したら県外に出る予定なのですが治療は可能ですか?

インビザラインは基本、医院がインビザラインジャパン社と契約をして行うことになっています。通常の矯正と違い転院の場合対応が難しくなることがあります。

 

例えば卒業後に県外に出ることが考えられる高校2年生で矯正を始めるのであれば、2年間で終わるのが難しいケースであれば、その先の治療期間がしっかりとれるところで治療を開始するのも一つだと思います。

しかし最後まで終わらなくても、ある程度のところまで高校生の間に治療が進むケースであれば、残りはマウスピースを大量に渡して治療しながら行うことも可能です。

 

まずは今の歯並びの状態等でも話は変わるので無料相談をご利用ください。

 

Q3:アタッチメントが気になるのですがなくせますか?

インビザラインが他のマウスピース矯正と違って複雑な動きが可能なのは、アタッチメントを歯につけるからです。アタッチメントをつけない場合、計画通りに進まなくなるので細かい計画の修正や、治療期間が延びる可能性があります。

もしくはインビザライン以外の治療と組み合わせて難しい動きを済ませるというのも一つです。

アタッチメント

Q4:顎が痛いのですが矯正治療できますか?

顎が痛い、顎関節症のような症状がある場合は事前に改善をしたうえで治療を開始する場合があります。特に型取りの時に顎が痛くて口が開かないとかですとしっかり型取りができないために治療が進められない場合があります。

 

 

まずはご相談ください。

インビザラインの無料相談を行っています。(要予約)

電話:022-377-2350

メール予約:こちらをクリックしてください

お口の中を拝見していない状態でのメールや電話での問い合わせにはお答えしかねます。

無断でのキャンセル・何回も予約を変更するなどがあった場合お断りすることがあります。

 

医薬品医療機器等法(薬機法)について

インビザラインは薬機法の承認を得ていません。インビザラインはアラインテクノロジージャパン社のシステム利用して行っております。日本での医療機器としての矯正機器としての承認をえるためには、薬事承認をえた材料を歯科技工士の国家資格を有したものが製作したもの出なければなりません。インビザラインは歯科医師が設計・オーダーしたものを米アラインテクノロジー社の工場にて製作を行います。そのため薬機法の対象外となります。

インビザラインのマウスピース材料自体は日本の薬事認証を得ており、アレルギー等に関する安全性は確保されています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加