子供の反対咬合・受け口の矯正


ただ歯科クリニックの反対咬合・受け口の治療は自由診療です。

反対咬合・受け口は乳歯のうちから、早めにご相談ください

ガタガタの歯、叢生をはじめ多くの歯並びは6~7歳のころが矯正を始めるのにいいタイミングです。しかし反対咬合は他の歯並びと治療開始のタイミングやその後の経過が変わります。

まずは無料相談

 

お母さんに知ってもらいたいことは顎の成長の話です。

上の顎の骨は頭の骨とつながっている骨です。頭の骨は脳の大きさの成長が9~10歳過ぎで完成するころに成長が止まります

 

一方、下の顎の骨は顎関節という関節でぶら下がっている一つの骨です。肩という関節でつながっている腕の骨や、膝という関節でつながっている足の骨と同じイメージです。腕や足の骨は身長とともに思春期の第二次成長期(男子:11歳から13歳 女子:10歳から12歳 性差以外にも±1年ぐらいの個人差もあります)にどんどん伸びていきます。ということは下の顎の骨も同じように思春期の身長が伸びる時期に成長します。そして身長が止まるまでの間は下顎も同様に前方への成長をしていきます。

上顎と下顎の骨の成長の違い

反対咬合というのは第二次成長期の身長が伸びる時期に、成長が止まっている上の顎の骨と、どんどん成長する下の顎の骨のアンバランスが一番の問題になります。

 

今の自分の子供を見て、将来の身長を当てられますか?

下の顎の骨が将来どのくらい成長するかは予想することはできません。
また成長を抑制していくことも難しいです。

 

もし将来の予測が可能ならば、先ほど話したように腕や足の骨の成長量もわからないといけません。つまり4~5歳の子供を見て将来の身長を当てろということと同じになります。また成長を抑制するというのは、「身長をあまり大きくしたくない」という希望があれば身長を止められるか?ということと同じになります。しかしそんなことは実際にはできません。

 

つまり下顎の過成長はコントロールできません。

 

男女の成長の違い

例えばこの二人の子供の兄弟が、将来どのくらいの身長で、どっちがどのくらい高くなるか?当てられる人はいないと思います。

 

反対咬合はいつから治療を開始するか?考え方は2つあります。

反対咬合は

①できるだけ早い時期、できたら乳歯のころから矯正を始めるか

②成長が終わった時に抜歯や外科処置をして矯正

するかです。

乳歯の反対咬合

①の治療はできるだけ早く可能であれば乳歯から治療を開始します。思春期の下の顎の過成長が始まる前にどれだけ上の顎を前方に成長させるかという矯正治療です。しかし下の顎の成長の予測はできません。将来負けてしまい、元に戻る可能性があります。またいつまで経過を見なければいけないかというと、身長がピッタリ止まるまでです。そこまでは下の顎は前に成長します。

 

一方②の治療は抜歯や必要であれば外科処置で骨を切る治療です。しかし治療の開始はピッタリ身長が止まるまで待たないといけません。成長が止まってから行うので、治療後に下の顎の成長はありません。

 

番困るのは、身長がぐんぐん伸びている思春期の時期に反対咬合の矯正治療をしたいとなってしまうことです。この時期に治療を開始しても、将来の外科処置や抜歯を前提にした治療の準備しかできません。

 

 

マクナマラの「混合歯列の矯正治療」より

早期治療の有効性より(一部用語を専門用語からわかりやすいものにしています)

 

叢生・前歯のガタガタ(Ⅰ級) 受け口・反対咬合(Ⅲ級)
乳歯列期(3~6歳) + ++
混合歯列前期(6~9歳) +++ +++
混合歯列後期(9~12歳) ++ +
永久歯列期(12歳~) +

このように、受け口・反対咬合では小学校低学年までが矯正治療のベストタイミングです。

6歳以降の大人の前歯が生えてきてからがいいタイミングのスペースの問題とは時期が違います。

ほとんど大人の歯になった中学生以降では受け口・反対咬合は成長を利用した矯正治療をするには難しくなります。この時点での骨格的な問題は外科処置や抜歯でしか対応ができなくなります。

 

反対咬合は乳歯から永久歯に変わるときに自然治癒する?

反対咬合、受け口の治療では「乳歯の時に反対咬合でも永久歯に生え変わるときに自然治癒する」というお話があります。この話は本当です。

前歯の生え変わり

ただし反対咬合・受け口で乳歯から永久歯の時の生え変わりの時に自然治癒することはあるがその確率は6%です。 (乳歯反対咬合者の咬合の推移」1992 永原ら)

 

反対咬合の100人の子供のうち6人で起こることを多いと思いますか?少ないと思いますか?10人中9人は確実に失敗する方法を患者さんに提案するべきでしょうか?ただ歯科クリニックとしては前歯が生え変わるまで治療をしないことで、成長期までの治療期間が短かくなり、上の顎の前方成長が足りなくなることを懸念します。

 

生え変わりの時に様子を見て改善しなければ、身長が止まるまで待って、それから抜歯や外科処置での治療をする前提であれば様子を見るというのであればいいとは思います。

 

 

子供の反対咬合・受け口の治療の目標は何でしょうか?

ただ歯科クリニックでは子供の反対咬合・受け口の治療の目標はあくまで乳歯や前歯の生え変わりの時期に、上の前歯が下の前歯を飛び越えてきれいに並べることではありません。

 

思春期の頃の下の顎の前方成長に負けないように上の顎をどこまで前に出せるか?が治療の目標です。

そして身長がピッタリ止まるまで経過を見る必要があると思っています。

子供の反対咬合の治療は1~2年の治療で、その後のかみ合わせを約束するものではありません。

ただ歯科クリニックでは早期に治療を開始して、できる限りのことをするという事で治療をさせていただいています。早期に治療をしたから必ず将来の結果を保証できるものではありません。

 

今の子供の顔に対しての前後関係ではなく、その子が大人になった成長が止まった時の前後関係を考えていかないといけないということです。ということは不確定要素があります。

 

もし確実な結果と予後を求めるのであれば、全部永久歯になって、身長が止まって成長が終わってから抜歯や外科処置を含めた反対咬合の治療を選ばれたほうがいいと思います。治療後に骨格的な変化はないからです。

 

子供の反対咬合の受け口の治療の流れ

初回は無料相談

初回は必ず無料相談です。今の状態、なんでこうなってしまったか?これからどういったことが起こるのかを説明します。反対咬合の場合簡単な方法で機能的な問題か?骨格的な問題かも調べます。

まずは無料相談

資料集め

レントゲン撮影(パノラマ・セファロを含む)・型取り・写真撮影などをして必要な資料を合わせます。この時型取りができない子供はかみ合わせだけでなく、機能も正常ではないことを意味しています。その場合は機能面も含めた治療が必要になります。

 

型取り・レントゲン

 

 

 

装置のセット(乳歯の時期)

乳歯の反対咬合の場合、まずは既製マウスピース矯正装置のプレオルソムーシールドをセットします。何回か調整と確認が必要です。

 

 

プレオルソT4Kムーシールド  

 

1か月に1回のチェック

装置に問題がなければ1か月に1回の間隔で来院していただきチェックします。その時にチェックとともに歯のクリーニングと写真の記録などを取ります。フッ素が希望であればフッ素塗布もします。

月に1回チェック

上の前歯の永久歯が生えてきた時期に再検査します

6~7歳の上の前歯の大人の歯が生えてきた時に再検査をします。検査の結果の上の顎の骨と下の骨の状態にに合わせて、固定装置を使用したり、取り外しの装置、既製マウスピースの継続使用などを決めます。(できる限りお母さんの希望や子供の負担を少なくした取り外しの装置にしますが、反対咬合・受け口の症状が悪い場合、こちらでお願いする固定の装置になります。またどういった装置になるかはこの時の検査の結果で変わりますので事前に決めることはできません。)

セファロレントゲンで診査

1か月に1回のチェック

装置に問題がなければ1か月に1回の間隔で来院していただきチェックします。口の中のクリーニングと写真での記録、希望であればフッ素塗布も致します。

月に1回のチェック

経過観察

ある程度改善が見られて装置をはずした場合でも、経過を観察していきます。来院の間隔はその子の状態や成長のピークかどうかでも変わります。下顎の過成長がみられてしまった場合も早めに対処することで被害を最小限にします。見た目の歯の前後関係が改善していても身長がピッタリ止まるまで確認は必ず必要だと当院は説明をしています。

 

 

治療費

治療費は税別です。

乳歯の既製マウスピース矯正

診断料

(レントゲン撮影・模型診査・写真撮影)

15,000円
既製マウスピース装置(プレオルソ・ムーシールド) 30,000円
調整管理料

1,000円

永久歯が生えてきた6歳以降

診断料

(この時期からの治療開始の場合)

35,000円

診断料

(既製マウスピースからの継続)

20,000円
取り外しの装置 60,000円~
固定の装置

100,000円

管理調整料 1,500円

 

装置についての説明はこちらをクリックしてください

 

初回は無料相談です。

お口の中を拝見していない状態でのメールや電話での問い合わせにはお答えしかねます。初回は無料相談になっていますので予約をしてこちらをご利用ください。また無料相談はこちらでの治療をお断りするような難しいケースでなければだいたい1時間ほどお話をします。曜日や時間によっては予約が取りづらいことがあります。無断でのキャンセルや何回も予約の変更をされた場合お断りすること上がります。

 

反対咬合・受け口の治療の注意事項

・早く治療を開始したからと言って早く治療が終わるわけではありません。経過は身長が止まるまで見る必要があります。

・早く治療を開始したからと言って予後が保証されるわけではありません。成長期の下の顎の動きによっては抜歯などが必要になることがあります。

・6歳以降の治療の方法はレントゲンでの分析などで症状に合わせた治療になります。

・取り外しの装置の場合、毎日の装着などを守らない場合治療がうまく進みません。

・悪習癖がある場合、治療がうまく進まなくなる場合があります。

・成人の反対咬合の場合は、骨格的な問題まで改善が必要な場合治療をお断りします。

・このページの内容はただ歯科クリニックでの治療のお話です。他院での同様の装置を使っていても治療の目的・内容は違うものになります。特に受け口・反対咬合の場合治療の介入のタイミング・治療の是非については各医院ごとで大きく変わります。ご注意ください。

・ページの内容を無断で使用することはお断りいたします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加