【矯正歯科】インビザランを用いた目立たない矯正治療


このページの診療は自由診療に該当します。

 

 

このような疑問にこのページでは答えます。

☑ 矯正治療を受けたいけど、ブラケット矯正・ワイヤー矯正はイヤだ

☑ できるだけ目立たない矯正を受けたい。

☑ 矯正治療を受けたいが、どの医院がよいかわからない。

☑ テレビや雑誌でマウスピース矯正があるということを知った。

 

 

インビザラインの治療内容

そのお悩みただ歯科クリニックのマウスピース矯正で解決できるかもしれません。

 

インビザラインとは?

インビザラインは1997年アメリカのアラインテクノロジー社で開発されたマウスピース矯正のシステムです。日本では2006年から開始されたマウスピース矯正のシステムです。

インビザライン

型取りしたデータをもとにコンピューター上で治療計画を立てて矯正治療をします。他のマウスピース矯正のシステムと違い、歯だけを覆う独自の違和感の少ないマウスピースの形と「アタッチメント」と呼ばれる歯に突起をつけてそれまでのマウスピース矯正では不可能な動きができるのが特徴です。

 

インビザラインで使用する装置

枚数や治療の過程の違いで使用するインビザラインのマウスピースは同じものです。

インビザライン・ライト 

軽度なケースに適応。マウスピースの枚数制限(14枚)があるため治療計画後、適応する場合のみできます。また途中での治療の修正や追加のマウスピースはできません。

インビザライン・フル 

インビザラインのみを用いて最初から最後までマウスピース矯正治療を行います。

インビザラインの様々なテクニックを使って治療を行います。枚数制限等はありません。1度目の治療の中で問題があった場合、修正を行うことができその際に追加の費用は発生しません。

ハイブリットケース  

インビザラインが苦手とする動き、時間がかかるところを他の矯正治療を用いて動かしてからインビザラインを用いて動かしていくただ歯科クリニックのオリジナルの矯正になります。

 

インビザラインの治療期間

インビザラインの治療期間はインビザラインライトの場合14枚以下になるのでおおよそ半年です。それ以上の枚数が必要なケースはインビザラインフルになります。

インビザラインフル・ハイブリッドケースでは大体2年前後を目指していきます。年齢や骨の動きが早い場合、装着時間をしっかりとれている場合、装着日数を短くすることでペースが速くなったりします。

最初型取りをした後に治療計画を立てたときにおおよそのマウスピースの枚数がわかります。しかし半分以上のケースは途中のどこかで計画の修正を行います。そこか修正した治療計画でマウスピースを製作します。最初のマウスピースの個数はあくまで確定事項ではありません。

 

インビザラインの治療費用

検査料・診断料・来院時の調整料は治療費に含まれます!

●相談料・・・無料
診断料・・・治療費に含まれます。

(検査をしてから治療をキャンセルされた場合には35,000円いただきます)

●来院時の調整料・・・治療費に含まれます。

治療費の支払いは選べる4つのプラン!

支払いは自分のペースで①1回で支払いを終えたい

②月々の出費を抑えたい

③早めに支払いを置くしたい

④ボーナス月に支払いを多くしたい

〇インビザラインライト(税抜き)
①総額・1回で支払いを終えたい 498,000円 支払期間
②月々の出費を抑えたい 毎月83,000円の6回払い 半年
③最初に支払いを多くしたい 初回158,000円+毎月68,000円の5回払い 半年
〇インビザラインフル(税抜き)
①総額・1回で支払いを終えたい 780,000円 支払期間
②月々の出費を抑えたい 毎月32,500円の24回払い 2年
③最初に支払いを多くしたい 初回205,000円+毎月25,000円の23回払い 2年
④ボーナス月の支払いを多くしたい

毎月23,000円の20回払い

半年に1回80,000円を計4回

2年
〇ハイブリッドケース(税抜き)
①総額・1回で支払いをしたい 960,000円 支払期間
②月々の出費を抑えたい 毎月40,000円の24回払い

2年

③最初に多めに支払いたい 初回201,000円 毎月33,000円の23回払い 2年
④ボーナス月の支払いを多くしたい

毎月27,000円の20回払い

半年に1回105,000円を計4回

2年

*支払期間はそれぞれの治療法を想定して決めています。

支払期間を短縮する相談には応じますが、これ以上の支払期間を延長する相談は行っていません。

*最初の支払いやボーナス月の支払いを増減して、月々の支払い変えるのは対応します。

 

インザラインの矯正治療のメリット&デメリット

●ワイヤー矯正に比べて

メリット

・見た目が目立たない(アタッチメントはある)

・痛みが少ない

・取り外しで清掃性がいいので虫歯のリスクが上がらない

デメリット

・ワイヤー矯正のような難しい動きができないときがある

・取り外しの装置なので装着時間を守って毎日入れてもらわないと進まない。

・抜歯矯正などは難しい場合がある

●他のマウスピース矯正と比べて

メリット

・他のマウスピース矯正より形が小さいので装着感がいい

・アタッチメントにより他のマウスピース矯正よりも複雑な動きができる

・1回の型取りで最終までのマウスピースの製作ができるので毎回の型取りがいらない

・治療費が総額制なので明確。追加のマウスピースが必要になっても安心

デメリット

・アタッチメントの見た目が気になる

 

Q&A

Q1:抜歯が必要なケースはインビザラインが可能ですか?

抜歯が必要なスペースが足りないようなケースでもインビザラインが対応ですが、難しい動きになる場合があります。またそういった場合は他の治療法との併用を検討すしたりする必要があります。

 

Q2:インビザラインをするうえで難しい歯並びはありますか?

ガタガタの歯並び(叢生)で上の犬歯や下の歯の奥歯がかなり歯列の外側や内側にある場合、マウスピースの着脱ができない場合は対処が必要な場合があります。

他にも上顎前突・出っ歯で上の前歯がかなり外側にある場合も同様にマウスピースの着脱が難しい場合に他の方法で一度少し内側に入れてからマウスピースを使用する場合がります。

歯列の外に出た犬歯

Q3:インビザラインをするうえで難しい年齢はありますか?

反対咬合、受け口でまだ身長が伸びている場合下顎の前方成長が続いている場合があります。その場合治療中にもまだ顎の骨の動きがあるので治療期間が延びてくる傾向があります。

 

Q4:インビザラインの治療を行う上で注意をすることはありますか?

取り外しの装置なので1日20時間以上の装着を守ることが必須になります。また治療計画もそれに合わせて立てていますので装着時間が足りないために動きが中途半端になると治療に影響が出ます。

 

Q5:アタッチメントが気になるのですがなくせますか?

インビザラインが他のマウスピース矯正と違って複雑な動きが可能なのは、アタッチメントを歯につけるからです。アタッチメントをつけない場合、計画通りに進まなくなるので細かい計画の修正や、治療期間が延びる可能性があります。

もしくはインビザライン以外の治療と組み合わせて難しい動きを済ませるというのも一つです。

アタッチメント

Q6:顎が痛いのですが矯正治療できますか?

顎が痛い、顎関節症のような症状がある場合は事前に改善をしたうえで治療を開始する場合があります。特に型取りの時に顎が痛くて口が開かないとかですとしっかり型取りができないために治療が進められない場合があります。

 

まずはご相談ください。

インビザラインの無料相談を行っています。(要予約)

電話:022-377-2350

メール予約:こちらをクリックしてください

お口の中を拝見していない状態でのメールや電話での問い合わせにはお答えしかねます。

無断でのキャンセル・何回も予約を変更するなどがあった場合お断りすることがあります。

 

薬事法について

日本において、インビザラインは、市場流通性がなく患者個人に合わせて作るために、薬事法上の医療機器該当しません。また装置の製作が日本で行われないので歯科技工法上の矯正装置にも該当しません。インビザラインのマウスピース材料自体は日本の薬事認証を得ており、アレルギー等に関する安全性は確保されています。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加