母親教室のお知らせ:0~3歳児の歯や健康にいい子育てのポイント


歯が生えていないなら、歯医者に行かなくてもいいのでしょうか?

よくお母さんから聞かれることの一つに

「歯医者はいつから行けばいいの?」

というのがあります。

 

「歯が生えたらいく」

「むし歯ができたらみせいにいく」

「あまり小さいうちに連れて行ってもなくだけだからいいんじゃない?」

といった様々な話を聞きます。

 

当院のように成長期の子供に対して矯正治療をしていると、矯正の相談をすると正しい発育ができていない機能の低下している子供たちをよく見かけます。そういった子供たちは哺乳や、離乳、食べるの覚える過程や様々な成長の中でどこかで問題を抱えてしまい、大きくなってしまいました。そういった成長の問題、機能の問題を持っている子供たちに矯正を始めると、他の子供たちと同じようにいかない、きれいに歯が並んでもうまく使えないといったことが起こってきました。

 

子供達の虫歯が減ってきた一方で、こういった子供の機能や成長の問題を国も問題視をして、そういった口の中の成長の問題を抱える子供達に2018年から「口腔機能低下症」と病名がつくようになりました。しかしこういった機能の低下を起こしてしまう、生まれたからの子育ての中での様々な問題は放置されたままです。

 

虫歯になってからの治療ではなく虫歯にならないようにどう予防するのか?という考え方のように、まずは子育ての中で「これはしないほうがいい」ということを知ってもらい、機能低下を起こす子供を作らない、正しい成長・発達をしてもらうための場所を作りたいと思ったのが、母親教室を始める、歯に問題がない子供のお母さんに歯医者に来てもらいたい理由です。

 

0~1歳半コース

対象:0~1歳半までの子供のお母さん、妊婦さんでも可能です。

時間:45分ぐらいを想定しています。

*個別のケースの対応は当日は行いません。

*お子さんを連れてきていただいてもいいのですが、こちらでお子さんを見たりすることはできません。あくまでお母さんがお話を聞けるような状態での参加をお願いします。

費用:税込み3000円

 

 

講義内容

⓵きれいな歯並びになる哺乳の仕方

哺乳に関しては、産婦人科や助産師のアドバイスを優先されてもらって構いません。こちらとしては口の機能という観点からの哺乳のポイント、お勧めの商品等の話をします。

②口呼吸にならない抱っこの仕方

将来口呼吸になってしまう抱っこの仕方があります。もしよろしければ今使っている抱っこ紐等を持ってきていただいてもかまいません。

③すぐに立ってはいけないズリバイ・ハイハイの大切さ

すぐに子供が立つと喜んでしまいますが、実際はズリバイとハイハイがその後の成長だけでなく離乳にも大事になります。

④離乳の始めるポイントやこつ

離乳食をいつから始めるか?食べさせ方のポイント、飲ませ方の覚えさせ方などのお話をします。

これらをまとめた資料を当日配布いたします。

 

 

開催日(2019年度)

5/24(金) 7/26(金) 9/20(金) 11/22(金) 12:30~

 

1歳半~3歳児コース

対象:1歳半を過ぎて3歳までの子供のお母さん

時間:45分くらいを予定しています。

*離乳についての話を聞きたい場合は0~1歳半コースをまずお願いします。

*個別のケースの相談は当日は行えません。

*お子さんを連れてきていただいてもいいのですが、こちらでお子さんを見たりすることはできません。あくまでお母さんがお話を聞けるような状態での参加をお願いします。

費用:税込み3000円

 

講義内容

⓵好き嫌いをなくしてご飯をしっかり食べるための虫歯予防の話

歯が生えてきたお子さんの虫歯にならないための基本原則の話をします。実際は虫歯にならないようにするのではなく、好き嫌いをなくし、しっかりご飯を食べれるようになるための考え方です。

②とっても大事ファーストシューズ

せっかくズリバイやハイハイをして歩くようになっても、外で遊ぶようになって「靴」が正しくなければ足元からの成長が乱れていきます。靴屋さんでは教えてくれないポイントをお話します。歩き始めるとすぐに「抱っこ―」と言われてしまうお母さん必見です。

CSシューズアドバイザーの資格をもとに子供の靴を実際診てもらいながらお話をします。

③イヤイヤ期の乗り切り方

イヤイヤ期をどうやって乗り切るか?毎日の歯磨きでの対応を例にお話しします。

 

これらをまとめた資料を当日配布いたします。

 

開催日(2019年度)

6/21(金) 8/23(金) 10/25(金) 12/6(金) 12:30~

 

申し込み方法

申し込みは下記メール相談フォームから「母親教室希望」でお願いします。
電話での申し込みは受け付けておりません。
また内容に関しての質問等もメール相談フォームからお願いします。

 

受付をした際に返信メールを送ります。その時に当日話がスムーズにできるようにお子さんの年齢や簡単な状態の把握、今気になっていることや不安なこと等を答えてもらいます。

(あくまで個別対応するためのものではありません。例えば0~1歳コースで離乳を始めている子供たちのみであれば哺乳の話は最小限にして離乳の話を多めにするように準備をさせてもらうのでそういったための事前の把握になります。)

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加