【小児矯正】子供の歯並び


 

子供の矯正治療はいつから始めたらいいでしょうか? 

問題です

Q:矯正治療は早く始めると早く終わるから、子供のころからやったほうがいい?〇ですか?×ですか?

小児の矯正治療は成人の矯正治療と大きく違うことがあります。それは治療をする子供が成長途中であるということ、つまり状況はどんどん変わっていくということです。

 

毎日変化をする子供に対して、今成長のどの時期にいるかを把握して、その子が持つ成長の力を最大限に利用して行うのが小児の矯正治療です。それぞれの歯並びやかみ合わせによって、いいタイミングの時期に治療を開始できるかどうかが小児の矯正では大事になります。お友達が何歳から始めたからとか、お母さんも矯正をしたことがあり〇歳から始めたから子供も同じでいいということではありません。

 

逆に成人になって成長が終わってしまえば、今年治療を始めても、来年治療を開始しても、去年から始めていても、口の中の条件が大きく変わらないので、治療の内容が大きく違うことはありません。「本人が矯正治療をしたい」タイミングで治療を始められます。

 

子供の矯正治療と、大人の矯正治療の違いを理解することは大事です。

つまりクイズの答えは×です。

 

大人の矯正と子供の矯正の違い

 

0~3歳での歯並びの問題

この時期生えてきた乳歯の歯並びに問題があっても基本的には低年齢過ぎて治療をすることは困難になります。では何もしなくていいのか?というと歯並びが悪くなってしまった原因、多くは哺乳・離乳の中で何かうまくいかなかったことできていないことがあるのでそういったことを3歳ぐらいまでに改善することがいいと思います。

 

またそうならないように当院では母親教室を行い、この時期は並びに悪い影響を与えるようなことをお話しさせてもらっていますのでご心配の方は妊婦の時からでも受けれるのでご利用ください。

ただ歯科クリニックの母親教室

 

3~6歳の子供の歯の歯並びの問題

まず理想のこの時期の乳歯の歯並び、口の成長が正しい子供の歯並びは隙間なく並んでいるのではなく

乳歯の正しい顎の成長

このように少し隙間がある歯並びが正常な歯並びです。また受け口などならずに上の前歯が下の歯よりも前になり、噛んだ時に下の歯が2/3異常隠れないある程度見えるようなかみ合わせが100点になります。

 

一歩乳歯から矯正治療を始めた方がいいケースは

・乳歯の受け口や反対咬合

・乳歯でスペースが足りないガタガタの歯並び

・乳歯のかみ合わせが深い

などのケースはは乳歯からの矯正治療が必要になります。これらのケースは治療の開始が遅れることで、その後の治療を難しくすることがあります。特に反対咬合・受け口はできるだけ早い時期からの治療を当院では説明しています。

乳歯からの矯正治療はこちらのページ

 

 

6~8歳の前歯の生え変わりの時期の歯並び

前歯が生え変わりが始まる6歳前後が小児の矯正を始める時期としてはいい時期です。

 

6~7歳の前歯の生え変わりの時期に矯正を始めるのがいい6つの理由    

①大人の歯の大きさがわかる。

その子がこれから生える歯も含めて大きい歯の傾向か?小さい歯の傾向か?がわかります。

②顎の成長の過不足がわかる。

6歳前後の生え変わりの時点で必要な顎の成長の過不足がわかります。

③永久歯が生えた時に、横顔のレントゲン撮影(セファロレントゲン)で、頭や顎の骨の分析ができる。

セファロレントゲン

骨格的な問題も、永久歯の前歯が生えてくることで分析できることが多くなります。見た目ではわからない骨の中の問題を見つけることができます。

④前歯4本が生え変わると2~3年は生え変わりが休みになります。

7歳から9歳の矯正しやすい時期

上下の前歯がそれぞれ4本生えると、2年ぐらい生え変わりが休みになります。すぐに犬歯より後ろの乳歯の生え変わりが始まるわけではありません。この生え変わりが休みになる2年くらいの時期が矯正治療のしやすい期間になります。

⑤6~9歳の時期が成長の力を一番利用しやすい。

小児の矯正治療は子供の成長の力を利用します。スペースを作ったりする骨の成長する力が一番あるのは4~9歳くらいまでの時期です。それを過ぎてしまうと顎の骨の成長する力が弱くなってきます。もうほとんどの歯が大人の歯になってしまている頃には口の中の成長が終わりに近づいてきています。

⑥お子さんがお父さんお母さんの言うことを聞いてくれる時期です。

低学年の子供は、お母さんが「しなさい」と言えば多くの子供は協力的に矯正治療に参加します。

一方小学校の高学年になると子供は「思春期」に入ります。「習い事」は親が決めれますが中学や高校の部活は本人が決めるように、この時期になると、お父さんとお母さんが子供の歯並びをきれいにしたくても、本人が歯並びを治したいと思わなければ治療に協力的にはなってくれません。

 

以上6つの理由から、ただ歯科クリニックでは6~7歳の前歯が生え変わりが始まる時期は、その前後の時期と比較をして子供の矯正治療を始めやすい時期だと思います。

 

9~12歳の犬歯や奥の乳歯が生え変わる時期

逆にこの時期になると生え変わりが始まるので、治療に制限が出てしまいます。

例えば何らこの装置を入れたときに、あちこちで歯が抜けて新しい歯が生えてくるので、インビザラインのようなマウスピース矯正では装置を入れることができなくなります。また床矯正やSH療法のような装置は入ることは入りますが、生え変わりのたびに歯に合わせて修理しないといけなくなるので適合が悪くなり力を発揮できません。ある程度治療を進めて経過を見ているような状態であれば問題がないと思います。

 

そういったことからこのような小学校の高学年に開始するような場合は、少し治療の開始をまったり、始める場合もそういった生え変わりによりうまくいかないことが出てくる前提になります。

 

12歳以降の永久歯に生え変わってから

もう全部大人の歯になった場合は成人の矯正治療に準じて治療をしていきます。

この時期からの開始になると、スペースやかみ合わせの改善のために抜歯等が必要になることが出てきます。

また中学生になり、部活やテストなど学校が忙しくなってしまうのと、もう思春期にも入ってきているので親が歯並びを治してあげたいではなく本人が歯並びが気になるので矯正治療をしたいということで始めないと協力度が低く治療が進まなくなることがあります。

 

 

子供の矯正のメリットとデメリットを理解しましょう

治療期間に対する考え方

成長途中の子供の矯正では、これからの成長で、今ある問題以外の新しい問題が発生する可能性があります。新しい問題があれば、またそれに対応してなければいけません。大人の歯が全部生え変わるまで積極的な治療がずっと続くわけではないですが、大人の歯に全部交換するまでは今生えている永久歯がきれいに並んでしても経過を見る必要はあります。

 

一方成長が終わった大人の歯になってから治療は、そういった治療後の成長による変化の心配はありません。今の状態に対して治療を行い、治療が終わればそこからの変化はありません。治療期間としてはその時の状態の歯並びで決まります。(難しいケースでなければ1~2年くらいです)

 

矯正のための抜歯に対する考え方

もう一つは「抜歯」に対する考えです。

成長が終わった大人の歯になってからの矯正では、スペースの問題や歯列をアーチを下げる・出すといったことがあれば抜歯や外科処置が必要になります。一方成長途中の子供は、成長を利用することでスペースを作ったり、顎の前後関係を改善することができます。

 

歯を抜きたい人はいません。抜かないで済むなら誰だって歯を抜かないで矯正治療をします。

しかし成人になってから「歯を抜かないで矯正をする」というのはすべてのケースができる治療ではありません。また可能であったとしても治療は複雑になり、治療期間や費用もかかります。

 

大人の歯に生え変わってから「歯を抜く・抜かない」と悩むのであれば、成長の力を利用できる時期にスペースを作ったり、顎骨のバランスをよくすることをお勧めします。

 

歯科医院に通いやすいのはいつか?

ただ歯科クリニックは大人の歯の矯正治療を否定するつもりはありません。永久歯になってから矯正を始めるのであれば抜歯も必要なケースがあります。

 

ただしそういった時期、歯のほとんどが永久歯になる中学生以降に矯正を始めるの考えているのであれば、ひとつ知ってもらいたいことがひとつあります。

中学生になると子供の環境は大きく変わります。

この時期は、部活・テスト・受験・・とても忙しくなります。そういった中で矯正治療が子供の中でどのような優先順位になるのか?

「ちょっと大会があるので・・」
「テストが近いので少し来れません・・」
「受験があるので落ち着くまでちょっと中断します」

そういったことで来院間隔があいて、治療が遅れることがおこります。

 

本人が歯並びをきれいにしたくても、部活の練習が毎日遅かったりしたら歯科医院に行きたくてもいけません。実際矯正をしようと思っていても、中学校が忙しくて矯正治療ができなかった、始めてみたけども通えないので中断するといったことが起こってしまいます

 

 

中学生の環境の変化は矯正治療の不安要素

 

そうであるならば、ただ歯科クリニックでは、歯科医院に通院しやすい小学校の低学年ころにできる治療を行っていった方がいいのではないか?と考えます。

 

2つの矯正の違いを、お母さんが理解したうえで「いつ治療を開始するか?」を選択することが大事です

結局中学生や高校生の頃に矯正しようと思っていたけど、忙しくて矯正治療ができなかったままおとなになってしまったという方を一般歯科ではたくさんみます。成人になってからしようと思ったけども、仕事や結婚・子育てと忙しく歯並びを治したくてもなかなか治せないままになってしまったという方もよくみます。

あとで後悔しない

最初にも話しましたが成長というのは不可逆的な戻れないものです。「子供の時期から始める」「大人の歯になってから始める」という二つの考え方に対して、違いを理解して選択をすることが大事だと思います。

 

「もう少し様子を見たらよくなるかもしれない」

「もう少し酷くなったら考えよう」

 

と様子を見てしまう方が多いのですが、今治療を開始した場合と、後で治療を開始した場合に何が違うのかを知ることが大事です。

 

例えば小学校6年生の秋に、もうほとんどの歯が大人の歯になっているのに「歯を抜かないで矯正したい」となると治療そのものも難しいものになります。

 

また6年生の秋で治療を開始しても大きなアドバンテージにはなりません。中学生になったら忙しくなってしまい中断するくらいなら、中学生になって通えるなら治療を開始するというのも一つです。

逆に1年早く5年生の秋に始めていれば、小学生のうちに終了までは難しいけども、ある程度のところまで治療を進めて、中学生の時は通院のできる範囲で頑張ろうとなります。

これが5年生の春に相談に来ていればもっと時間的な余裕が出てきます。

 

ちょっとした半年、1年の差で、小学生のうちにある程度終われる子供と、中学生になっても矯正治療のために通わないといけない子供がでてきます。

 

ただ歯科クリニックの矯正の無料相談を行っています。(要予約)

まずは今の子供の歯並びの状態を知り、そのうえで矯正を「する・しない」を選択しましょう。

ちょっとした相談に来るタイミングのずれで治療の開始時期や目標や期間が大きく変わります。

 

ただ歯科クリニックの矯正の特徴

①矯正治療の初回相談は無料

矯正治療の相談は無料です。お口の中を見て今の子供の歯並びの状態、どういった治療をするのか?費用・期間についてお話します。

②診療日ならどの曜日どの時間でも矯正が可能

矯正の担当医は常勤ですので特定の診療日や時間でなければ矯正治療を受けれないということではありません。

③セファロレントゲンで顎骨の状態を分析します。

セファロレントゲンで外からはわからない骨の状態、骨格的なもの歯の傾斜によるものを分析したうえで治療計画を立てます。

④できるだけ取り外しの装置を選択して学校への負担を少なくします。

子供の矯正の場合、可能な限り取り外しの装置やマウスピース等を選択して学校生活にできるだけ負担をかけないようにします。

⑤小児の矯正ではできる限り歯を抜かない矯正治療法を選択します。

子供の矯正では、顎の骨の成長発育を誘導していき、矯正治療による抜歯をできる限り行わないようにします。

⑥今の装置が合わない場合他の装置も選択できます。

矯正装置は何種類かあるのでその装置での治療が難しい場合他の装置の提案をします。多いのは床矯正での1日14時間の装着時間が確保できないとき、型取りで吐いてしまい装置を作成できないときなど治療中のトラブルにも対応します。

 

小児矯正をどの年齢で開始するかで調べてみる

それぞれの画像をクリックしてください。

乳歯の矯正

 

【床矯正】6~7歳の前歯のガタガタ

床矯正顎を広げる

 

【SH療法】中学生・高校生・成人の狭窄した歯列を元に戻す治療法

 

子供の歯並びで調べてみる

画像をクリックしてください

小学校低学年の前歯のガタガタ(叢生)【床矯正】

 

10歳からの狭窄した歯列を正常にする【SH療法】

 

子供の反対咬合・受け口の矯正治療

乳歯の反対咬合

 

子供の上顎前突・出っ歯の矯正治療

 

前歯の隙間・正中離開

上の前歯が開く正中離開

 

大人の歯がない・先天欠如歯

先天欠如歯

 

まずはご相談ください。

仙台市泉区のただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談を行っています。(要予約)

電話:022-377-2350

メール予約:こちらをクリックしてください

お口の中を拝見していない状態でのメールや電話での問い合わせにはお答えしかねます。

無断でのキャンセル・何回も予約を変更するなどがあった場合お断りすることがあります。

注意事項

*このページはただ歯科クリニックの小児矯正 子供の歯並びについてのページです。他院での治療の方法、費用、考え方は違うことがありますのでご注意ください。またこのページの内容を無断で使用することは固くお断りいたします。

*医療法の改正に基づき術前術後の写真は掲載してません。無料相談時に類似症例を用いて説明をさせていただきます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加