前歯のマウスピース矯正(スターアライン・クリアアライナー)


このページの診療は自由診療に該当します。

 

このような疑問にこのページでは答えます。

☑前歯のガタガタが気になる。

☑器具を前歯につけるのは目立つからしたくない。

☑固定の装置は歯ブラシが難しくなるので虫歯が心配

☑仕事上あまり矯正しているのを知られたくない。

 

 

治療内容

一般的な矯正は写真のように、取り外しができない・見た目が悪い・食事をするのが大変・しゃべりづらい・頬や唇に傷がつくといったことがあります。

 

一般的なワイヤー矯正

 

見た目もよく、食事や会話の邪魔にならないで矯正できないだろうか?そういったお悩みの方はマウスピース矯正がおすすめです。

 

   目立たないマウスピース矯正

2つのマウスピース矯正の違い

このページで言う「マウスピース矯正」とはスターアライン、クリアアライナー(ASOアライナー)のことを言います。

 

スターアラインは1回の型取りをもとにコンピューター上でシュミレーションをしてマウスピースを製作していく矯正治療です。必ずシュミレーション通りに歯が動いていくということではないので、4回分のマウスピースが終わったら、型取りをしてその状態に合わせてマウスピースを作っていきます。

一方クリアアライナーは1回の型取りで1ステップ分のマウスピースを作成し、それが終わったらまた型取りをして次のマウスピースを作っていきます。

 

毎回の型取りとそこからの装置製作の期間がない分クリアアライナーよりもスターアラインのほうが治療期間は短くなります。しかしスターアラインは装着時間(1日20時間以上)を守らないとシュミレーション通りに歯が動いていかないので結果的に治療も遅れていきます。

 

またスターアラインの場合は最終的な歯の並びや、途中の動きなどをコンピューター上で見ることができます。

 

治療可能なケース

ただ歯科クリニックの「前歯のマウスピース矯正」は「抜歯・外科処置を必要としないケース・奥歯のかみ合わせに問題がないケース」に行っています。

 

奥歯のかみ合わせに問題がある場合、奥歯が欠損されている場合はインビザラインなどをお勧めする形になります。

前歯のガタガタの歯並び(叢生)

前歯のガタガタ(叢生)

前歯の歯と歯の間に隙間がある(空隙歯列)

隙間のある歯並び(空隙歯列)

かみ合わせが深い(軽度の過蓋咬合)

深いかみ合わせ(過蓋咬合)

前歯がかみ合わない(軽度の開口)

軽度の開口

 

治療期間

治療期間は何個のマウスピースを使うかで変わります。

スターアラインでは資料をそろえてコンピューター上でシュミレーションをしたときにマウスピースの個数がわかります。その時に個数がわかるので大体の治療期間も決まります。

クリアアライナーでは毎回型取りをしながら1回1回の動きに合わせてマウスピースを作るので治療期間はわからないまま治療を進めていくことになります。

 

治療費用

2018年6月よりスターアラインの技工料金のシステム変更により治療費が変わりました。

治療費はスターアライン・クリアアライナー共に税別です。

●スターアラインの治療費

治療費 診断料 治療期間

シュミレーションのみで

治療を行わない場合

0円 35,000円 なし
1~5枚のマウスピース 210,000円 治療費に含まれる 5か月前後
6~10枚のマウスピース 385,000円 治療費に含まれる 9か月前後
11~15枚のマウスピース 560,000円 治療費に含まれる 14か月前後
16~25枚のマウスピース 750,000円 治療費に含まれる 24か月前後

*治療途中に行うシュミレーションでの変更による追加のマウスピースが必要な場合、費用は発生しません。患者さんの管理不備による装置の紛失・破損等におきましては追加のマウスピースの費用が発生します。

*上下の希望で明らかにマウスピースの個数が多くなる場合はインビザラインでのマウスピース矯正をお勧めします。特に片側で26枚以上、上下両方で26枚以上必要な場合はインビザランでの治療をお願いします。

→インビザラインのページ

●クリアアライナーの治療費

診断料 35,000円
マウスピース 片側1個につき 35,000円
マウスピース 上下1個につき 70,000円

*治療開始の時点でマウスピースが何個必要になるかはクリアアライナーの場合わかりません。費用をはっきりさせたい方はインビザラインかスターアラインでの治療をお願いします。

→インビザラインのページ

*例えば上だけで8枚のマウスピースで終われば

  35,000円+35,000円×8枚なので315,000円(税別)になります。

 

メリット&デメリット

メリット

・透明なので目立たない

・取り外しが可能なので衛生的

・食事の時にはマウスピースを外すので普通に食べれる。

・金属アレルギーでも安心

 

デメリット

・取り外しの装置なの で装着時間を守らないと治療が進まない

・難しい歯の動きができないので治療できるケースが限られる

・枚数が多くなると費用の負担が大きくなる

 

Q&A

Q1:歯の動きにはスターアラインとクリアアライナーでの違いはありますか?

歯を動かす基本的なメカニズムは同じです。

 

Q2:来院の間隔が空いてしまうのですがいいですか?

仕事や学校が忙しくて来院の間隔が不定期になるのであれば治療がうまくいかなくなる場合があります。使用するマウスピースは3~4週間で交換できる前提の薄いマウスピースで装着しているときの違和感を少なくします。噛み合わせが強い方の場合すり減って穴を作ったりします。例えば2か月ほど通院できないとかなった場合には穴が開いてマウスピースがもう力を発揮できない状態になっていると思われます。そういったマウスピースを使用していると治療の遅れや次のマウスピースの不適合の原因になります。

 

Q3:インビザラインとの違いを教えてください。

スターアライン・クリアライナーともに非抜歯の前歯のみを対象としたマウスピース矯正です。一方インビザラインは抜歯ケースも一部対応可能な、奥歯のかみ合わせも動かせる矯正治療です。

 

 

注意事項

*スターアライン、クリアアライナー(ASOアライナー)ともに日本国内の技工所で製作された歯科技工士法の矯正装置に該当します。

*このページはただ歯科クリニックの治療についてのページです。他院で使用する材料、治療の内容は違うことがありますのでご注意ください。またこのページの内容を無断で使用することは固くお断りいたします。

*医療法の改正に基づき術前術後の写真は掲載してません。無料相談時に類似症例を用いて説明をさせていただきます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加