【プレオルソ・T4K・ムーシールド】3~5歳の小児矯正


このページの診療は自由診療に該当します。

 

このような疑問にこのページでは答えます。

☑まだ乳歯だから大人の歯になってから矯正すればいいんじゃないか?
☑まだ子供が小さいので矯正治療ができるかどうかが不安。
☑3歳児検診で歯並びを指摘されたが今から矯正をするべきかどうかわからない

 

乳歯からの矯正の治療内容

ただ歯科クリニックでは小児の矯正治療の多くのケースでは前歯の生え変わりが始まる6~7歳の時期に治療を始めます。しかし乳歯の時点で永久歯の歯並びの異常が予想されるお子さんは3~4歳の乳歯のころからでも、可能であれば矯正治療をします。

 

ただ歯科クリニックで乳歯の矯正治療の目的は

子供の歯をきれいに並べる矯正治療ではなく,

永久歯が正しく並ぶための準備をする矯正治療です。

永久歯の生え変わりが始まる6~7歳までに、正しく成長ができていない、機能の問題をできる限り改善していく矯正治療です。

 

乳歯の矯正が必要なケース

①乳歯の前歯がガタガタ、段差があってきれいに並んでいない

隙間なく並んだ歯並びはきれいな歯並び?

4本の前歯の永久歯は乳歯よりも上の歯7ミリ、下の歯で5ミリ大きな歯が生えてきます。乳歯が隙間なく並んでいるとお母さんは「きれいに歯が並んでいる」と思ってしまいますが、5歳くらいまでに、乳歯にと乳歯の間に隙間がないと、乳歯より大きな永久歯がはえてきても並びません。

乳歯でスペースが足りなくて歯並びがガタガタの子供は、永久歯でもスペースが足りなくて歯がガタガタに並んでしまいます。

 

1993年の日本小児歯科学会で難波らの報告では

上の顎で3ミリ以下、下の顎で2.5ミリ以下の隙間しかない乳歯の歯並びの子供の場合、2/3で永久歯の歯並びでスペースが足りなくなる。といった報告があります。

永久歯の歯並びに問題がほとんどないためには最低上の顎で6ミリ以上、下の顎で4.5ミリ以上の乳歯の隙間が必要だという報告です。

乳歯のガタガタは顎の発育不良です。

乳歯の大きさの個人差はほとんどありません。隙間がなかったり、ガタガタになっている原因は乳歯の大きさの問題ではなく、正しい顎の発育ができていないことです。何らかの原因があって正しい発育ができていないのに、様子を見ていたり、年齢が上がったら突然改善することはありません。

 

乳歯のガタガタ叢生

 

このような写真の子供は問題が大きくなる前に乳歯のうちから改善していく必要があると当院では判断します。治療目標はマイナスになっている顎の成長を正しい成長発育に、まずはゼロ、平均的なところに戻すことです。この乳歯がきれいに並ぶかどうかではありません。

 

きれいな乳歯の歯並びは隙間がある

正しい成長をしている乳歯の歯並びを知りましょう

写真のように歯と歯の間に隙間が出てくる歯並びが、乳歯の時に正しい機能を獲得して成長をしているお子さんの歯並びです。乳歯が隙間なく並んでいるのは、一見きれいなように見えますが、正しい成長をしている歯並びではありません。

②乳歯の受け口、反対咬合 

乳歯で受け口になっている子供の多くはは機能的な問題でかみ合わせが逆になっています。

(無料相談時に機能の問題かどうか簡単な方法でお母さんに確認してもらいます)

 

乳歯の反対咬合

 

反対咬合の子供を持つお母さんに知ってほしいのは

頭蓋、頭の骨の一部である上の顎の骨(上顎骨)の成長は10歳ぐらいで終わるのに対して、下の顎の骨(下顎骨)は、第二次成長期の身長がぐんぐん伸びる頃に前方に成長していくということです。

つまり上の骨の前方への成長は、下の骨よりも早い年齢で終わってしまいます。そのころから下の骨が前方に成長します。

 

子供の顔貌は今の状態のまま全体が大きく成長して大人になっていくのではありません。第二次成長期の身長が伸びるころに、身長と一緒に下の顎が急激に前下方に成長していきます。そういった身長が伸びる時期になってから下の顎の成長を止めて前後関係を改善するのは難しいです。また成長している下の顎に合わせて、もう成長が終わった上の顎の骨を前方に成長させるのも難しくなります。

 

この上下の成長のピークの違いがある以上、乳歯であろうと反対咬合の場合は上の顎を正しい成長させていかないといけなくなります。もしくは身長が止まる、変化がなくなる高校生くらいまで何もしないでそれ骨の成長が終わってから抜歯や外科処置をして治療をするという二つになります。

上顎と下顎の骨は成長のピークが違う

乳歯の時点での反対咬合の治療の目標は、まずは永久歯の前歯が出てくるころまでに、できるだけ多くの上の顎の前方への成長の獲得と永久歯の前歯を正常なかみ合わせに誘導する正しい機能の獲得になります。

 

反対咬合、受け口は上の顎の骨の前への成長が10歳前後で終わるのであれば、できるだけ早い時期からアプローチをするべきというのが当院の考え方です。第二次成長期、思春期の身長が伸びている時期に治療を希望されても当院ではその時期の治療はお断りする場合があります。

 

③かみ合わせが深い・過蓋咬合

上下の歯をかみ合わせた時に、下の歯が半分以上見えなくなるのを過蓋咬合と言います。そこまで気にしないお母さんもいますが、機能に問題があるお子さんに多くなるかみ合わせです。

 

 

元開らの2~11歳の子供に行った調査では、他のかみ合わせと比べて過蓋咬合は

「好き嫌いが多い」

「水分摂取量が多い」

「噛み切れない」

「食べこぼしが多い」

といったことが多いといった報告があります。過蓋咬合は、噛む力自体はあるけども、噛む能力が大きく劣ります

 

食べ物の好き嫌いというのも本人の感覚的なものと思ってしまいますが、噛む能力が弱いので、

違う食感の食べ物を同時に食べれない」

「ご飯や葉物や野菜などの噛むことで味が出てくるものも苦手」

になります。

 

一方で噛む力自体はあるので飴玉や氷の塊などはガリガリ噛むのを好みます。そして噛む能力が低いのを補うために、丸のみをするか飲み込めなければ水で流し込むようになります。流し込みをすればまだいいのですが、それができないといつまでも口の中に食べ物があって、食べるのが遅いといったことにもなります。

 

過蓋咬合の多くの子供は正しい噛み合わせの前方での位置でうまく噛めないために、下の顎を後ろに押し込んで噛んでいます。押し込まれた結果顎が萎縮するので、永久歯に生え変わった時に上下のスペースの問題、顎の前後の位置が悪くなり、将来的にかみ合わせの問題が起こります。

 

下の顎が下がることで下の唇も後ろに下がります。そうなると唇が閉じづらくなり、食べ物をこぼしてしまったり、くちゃくちゃ音がもれてきたりします。こういったことも行儀のいい・悪いではなく口の機能の未発達が原因だったりします。他にも下の顎が後方に押し込まれて気道が圧迫されると「いびき」といった睡眠の問題も出てきます。

 

治療の目標は、6~7歳の永久歯の生え変わりが始まるまでに、下の顎を正しい位置へ誘導していくことになります。前方に出ることで噛み合わせの深さが改善されていきます。そして生えてきた永久歯の大きさなどに合わせて次の段階の治療に入っていきます。

 

乳歯の矯正の治療で使用する装置

ただ歯科クリニックでは乳歯の矯正治療の場合多くは既製マウスピース装置を使い機能を改善します。乳歯の時期ででワイヤーや金具を付けた矯正治療は行いません。必要であればそれらとともに日常生活の中でのトレーニングの話もします。これらの装置を日中に意識付けの1時間と寝ている間の装着をお願いします。

 

1⃣プレオルソ(既製マウスピース矯正装置)

プレオルソは岡山の矯正歯科医の大塚先生が開発された装置です。既製のマウスピース装置で歯並びに合わせてTYPEⅠ・Ⅱ・Ⅲの3種類があります。受け口や出っ歯、ガタガタの歯並びなど様々な問題に対応します。

「プレオルソ子供歯並び矯正法」のサイトはこちら

・プレオルソの治療が可能な歯科医院はこちら

 

2⃣T4K・myobrace(既製マウスピース矯正装置)

オーストラリアで生まれたTRAINER SYSTEM (T4K, MYOBRACE)を中心とした矯正法です。開発されてからもう20年近くの歴史があります。主に5歳から9歳までの乳歯の生え変わりの時期に一番の効果を発揮します。ただ歯科クリニックではTRAINER SYSTEMは前歯の生え変わりの時期に遅くとも始めたいと思っています。 T4K,MYOBRACEは日中1時間と寝ているときの装着をお願いしています。

 

オリジナルのTRAINER SYSTEMの矯正治療はT4K, MYOBRACEの装着だけでなく、上の歯の後ろにBWSという固定の装置をつけて機械的な力も加えながら治療をします。

 

T4K MYOBRACE      BWS

 

3⃣EF-line(既製マウスピース矯正装置)

EF-lineはフランス生まれの装置です。

EF-lineは乳歯の歯が並ぶ3歳ごろから9歳ごろの時期に、歯並びを悪くしている唇や頬、舌などの機能を改善し、歯並びの改善、口の周りの表情・筋肉を活性化させ、正しい嚥下や呼吸を覚えさせる、本来の正常な姿に体を導くものです。

EF-line.のEはEducation(訓練)、FはFunction(機能)ということで、文字通りの機能訓練装置です。

EF-lineの説明動画です。

 

4⃣ムーシールド(既製マウスピース矯正装置)

3歳児から使用できる受け口(反対咬合)の装置です。口の周りの筋肉の不調和を整え、正常な筋肉の働きにして、正しい咬合に誘導する装置です。夜寝ているときに口の中に入れてもらいます。

ただ歯科クリニックは乳歯列期反対咬合を考える会に入っています。

ムーシールド

 

乳歯の矯正の治療期間

乳歯の矯正は乳歯をきれいに並べる矯正ではなく、永久歯が並んだ時に起こることが予想される問題を改善する矯正です。治療期間も乳歯の時だけで治療をして完結するわけではありません。前歯の永久歯が生えてきたときに、歯の大きさやレントゲンでの外からはわからない骨の中の診断を行って、次の必要な治療に進みます。

 

 

乳歯の矯正の治療費用

治療費は税別です。

診断料

(レントゲン撮影、写真撮影、模型診査)

15,000円

既製マウスピース装置1個目

(プレオルソ・T4K・EF-line・ムーシールドなど)

30,000円
2個目以降の既製マウスピース装置 15,000円
管理料・調整料

1,000円

 

メリット&デメリット

メリット

・正しい機能を獲得することで正しい成長・発育ができる

・正しい成長ができていなことで起こる「食べる」問題が改善

・正しい機能が獲得できないことで起こるす睡眠の問題(いびきなど)の改善

・正しい機能を獲得することで呼吸の問題の改善、鼻呼吸の獲得

デメリット

・取り外しの装置なので毎日入れないと効果がない。

・元々の機能の問題の大きさや、本人の発育の反応を期待するので効果にばらつきがある。

 

Q&A

Q1:乳歯をきれいに並べてほしいのですが矯正治療できますか?

あくまで当院で行っている乳歯の矯正治療は永久歯になったときに今のままでは問題がある場合に対して行う矯正治療です。これから生えてくる永久歯を考えて行い歯を並べるので乳歯をきれいに並べるというのはご希望に添えることができないと思います。

 

Q2:寝ているときに装置を入れても、朝はずれてしまいます。

既製マウスピース装置の多くは正しい発育をしている子供の口の中です。機能に問題があり正しい成長・発育ができていない子供が入れると苦しい装置です。寝ているときは無意識なので朝はずれているのは苦しいから外しています。気にせずに毎日入れて寝るようにしましょう。機能がついてくればできるようになります。

 

Q3:装置を入れているとよだれが垂れてきます。

これも先ほどのQ3と一緒で、つばを飲み込むときの舌の動きが間違った動きをしていると、装置を入れたときに正しい動きしかできないのでつばを飲み込めなくなってしまいます。正しい機能がついてくれば唾もたれなくなります。

 

Q4:装置を1年入れていても歯並び変化がありません。

既製マウスピース装置の目的は「正しい機能の獲得」です。正しい機能を獲得することで歯並びも動いてきます。元々の機能がかなり悪かったり、正しい機能の獲得に時間がかかれば歯並びに変化はありません。

 

まずはご相談ください。

乳歯の矯正の無料相談を行っています。(要予約)

電話:022-377-2350

メール予約:こちらをクリックしてください

 

お口の中を拝見していない状態でのメールや電話での問い合わせにはお答えしかねます。

無断でのキャンセル・何回も予約を変更するなどがあった場合お断りすることがあります。

 

注意事項

*このページはただ歯科クリニックのホワイトニングについてのページです。他院で使用する材料、治療の内容は違うことがありますのでご注意ください。またこのページの内容を無断で使用することは固くお断りいたします。

*医療法の改正に基づき術前術後の写真は掲載してません。無料相談時に類似症例を用いて説明をさせていただきます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加