歯医者さんのホワイトニング


間違いだらけの歯磨き粉のホワイトニング

歯医者さんのホワイトニングは何が違うの?

最近では薬局でもたくさんの「ホワイトニング用の歯磨き粉」が売っています。手軽に手に入れられるので買ってみた方も多いと思います。でも自分の思ったような白さになった方は少ないのではないのでしょうか?歯医者さんでする「ホワイトニング」というのも同じだと思ってませんか?

「本当に白くなるのかな?」「歯医者でやっても同じじゃないのかな?」と思ってるかもしれません。

これから歯医者で行うホワイトニングは何が違うのかお話しさせてもらいます。

 

あなたの歯はどちらの方法で白くなりますか?

クリーニングとブリーチングの違い

そもそも歯を白くする方法は2種類あります。ひとつはクリーニング、もう一つはブリーチングです。

お茶やコーヒーのステイン、タバコのヤニなどの着色で歯の色が暗くなっている場合、歯の表面をきれいにすることで本来の歯の色になります。これはホワイトニングではなくクリーニングです。

一方歯そのものの色を白くすることをブリーチングと言います。ここでいう歯科医院で行うホワイトニングはブリーチングのことです。

クリーニングが必要な歯にブリーチングをしても白くはなりません。まずはご自身の歯がどちらがなのかを知りましょう。

歯の表面の着色か・歯の中の脱色か?    

「ホワイトニング用」歯磨き粉で歯が白くならないのはなぜ?

今薬局でもたくさん売られているホワイトニング用の歯磨き粉。これは着色を落として歯を白くするための歯磨き粉、クリーニングのための歯磨き粉です。歯の色を明るくするための薬液は一般の薬局では手には入りませんこういったホワイトニング用の歯磨き粉は、荒い研磨剤で着色を落とします。長期的に使っていくと歯を痛めて、知覚過敏の原因になる人もいます。着色はまた取ってもついてきます。安全に落とすためには、歯科医院にご相談されるのがいいと思います。

歯の表面の着色を落とします

歯の色を明るくするのは?歯医者さんでしかできない

もう一つの歯の色そのものを明るくするブリーチングは「歯の脱色」です。これは歯科医院で歯科医師または歯科衛生士の責任の下に特殊な薬剤を使います。歯科医院で行うホワイトニングはこのことを言います。

 

 

痛みが少ないホワイトニングにこだわりました

従来の歯科医院で行うホワイトニングは歯の色を抜くときに歯がしみたり痛みが出ることがありました。

ただ歯科クリニックでは歯に負担の少ない方法で歯を色を明るくしていきます。

従来機よりも照射をするときの光量が増えています。それにより濃度が高くなくてもホワイトイングが行えるようになりました。

もう少し明るくしたいというようであれば追加で回数を重ねることも可能です。何回行っても歯がもろくなったり弱くなることはありません。

 

 

ホワイトニングの施術方法

①ペースト状のホワイトニングの薬剤を歯に塗ります。

 

②照射機から光を当てます。(約10分)

③薬剤を落とし①・②の操作をもう一度行います。

ホワイトニングは歯ぐきをガードして安全に行います 一回につき10分光を照射します

④歯についた薬剤を落とし終了になります。

この操作を1回来院していただいた時に行います。

 

・1週間ほど開けてからもう一回①~④の操作を行います。

・合計4回の光を当ててます。上下16本の前歯に光を当てたとすると、1回あたり1本400円ぐらいになります。

・もう少し明るくしたいという場合、また来院した時にで光を当てることができます。(別途日費用がかかります)

 

後戻りは必ず起こります。また歯の色を明るくすることはできます。

ホワイトニングについて一番よく聞かれる質問は「後戻りはしますか?」「どのくらい持ちますか?」という質問ですえからまず言うと、戻るスピードに個人差はありますが後戻りは必ず起こります。あくまでも歯の色が固定されたわけではありません。例えるなら日焼けをしてもまた戻るのと同じと考えるといいかと思います。

元々色白の人と色黒の人では日焼けの戻り方に差があるように、それぞれの歯のポテンシャルで戻る期間は変わります。

髪を染めてもまた戻るように、色がまた暗くなってきたなと思ったらホワイトニングをしてください。何回行っても問題がない薬剤ですので、それによって歯が弱くなったり虫歯になりやすくなったりすることはありません。

もし歯の色を固定したいのなら別な治療です

白い歯がそのまま続くのがいい、もしくは歯の色を明るくするのではなく最初から真っ白に近い白さまでを求めるのであればホワイトニングではなく、芸能人がするような今ある歯を削って白い色の歯をかぶせる治療になります。そうすれば被せた歯は後戻りをすることはありません。

ホワイトニングはあくまで自分自身の歯の色を今より明るい色にするのであって、白い色に歯がに生まれ変わるものではありません。

真っ白な歯にしたければ被せるのが一番です

 

ホワイトニングができない方・白くならない歯があります

妊娠中・授乳中の方・小児・無カタラーゼ症の方にはホワイトニングはできません。

 

他にも神経を取ってしまった歯、虫歯を詰めてあるところ、かぶせ物をしている歯等はホワイトニングをしても白くなりません。

 

明るくなった歯を管理していくのも大事です

ホワイトニング後はせっかく明るくなった歯を着色などで隠れないように定期的にお手入れが必要です。またそうすることで後戻りを少し遅らせることが可能です。またせっかく色が明るくなった歯が虫歯になってしまえば削って詰めたりしてせっかくのホワイトニングの意味がなくなってしまします。そうならないように管理していくことも大事です。

 

 

治療費

ホワイトニング(2回の来院で4回の光照射) 20,000円(税別)
ホワイトニング追加照射(1回の来院で2回の光照射) 10,000円(税別)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム