プレオルソ・T4K・ムーシールド~乳歯(3~5歳)の矯正


乳歯から矯正治療が必要なケースがあります

ただ歯科クリニックでは小児の矯正治療の多くのケースでは前歯の生え変わりが始まる6~7歳の時期に治療を始めます。しかし乳歯の時点で永久歯の歯並びの異常が予想されるお子さんは3~4歳の乳歯のころからでも、可能であれば矯正治療をします。

 

ただ歯科クリニックで乳歯の矯正治療の目的は

子供の歯をきれいに並べる矯正治療ではなく,

永久歯が正しく並ぶための準備をする矯正治療です。

永久歯の生え変わりが始まる6~7歳までに、正しく成長ができていないこと機能の問題をできる限りかいぜんしていく矯正治療です。

 

 

①乳歯の前歯がガタガタ、段差があってきれいに並んでいない

乳歯の時点でスペースが足りなくて歯並びがガタガタのお子さんは間違いなく永久歯でもスペースが足りなくて歯がガタガタに並んでしまいます。5歳くらいまでには、前歯の乳歯に軽い隙間ができてないと乳歯より大きな永久歯がはえてきても並びません。

 

1993年に日本小児歯科学会で難波らの発表では

上の顎で3ミリ以下、下の顎で2.5ミリ以下の隙間しかな乳歯の歯並びの子供の場合2/3で永久歯の歯並びでスペースが足りなくなる。といった報告があります。

永久歯の歯並びで問題がほとんどないためには上の顎で6ミリ以上、下の顎で4.5ミリ以上の乳歯の隙間が必要だと言われています。 

 

乳歯の大きさでの個人差はほとんどありません。隙間がなかったり、ガタガタになっている原因は乳歯の大きさではなく正しい顎の発育ができていないことです。

6~7歳の前歯の生え変わりの時に、平均よりも大きな永久歯がはえてきてしまうと、歯が並ぶスペースはかなり足りなくなって問題は深刻になります。

乳歯のガタガタ叢生

そのようなお子さんが6~7歳で矯正治療を開始をしても、歯を並べるために必要なスペースをたくさん作らなければいけません。問題が大きくなる前に乳歯のうちから改善していく必要があります。

治療目標はマイナスになっている顎の成長を正しい成長発育まずはゼロに戻すことです。

 

きれいな乳歯の歯並びは隙間がある

正しい乳歯の歯並びを知りましょう

写真のように歯と歯の間に隙間がある歯並びが乳歯の時の正しい成長をしているお子さんの歯並びです。乳歯が隙間なく並んでいるのは、いい歯並びではありません。隙間がない乳歯の歯並びは大人の歯がきれいに並ばない歯並びです。

 

 

②乳歯の受け口、反対咬合 

乳歯で受け口になっている多くのお子さんは機能的な問題でかみ合わせが逆になっています。(無料相談時に機能の問題かどうか簡単な方法でお母さんに見てもらいます)

 

乳歯の反対咬合

 

お母さんに知ってほしいことは頭蓋、頭の骨の一部である上の顎の骨の成長は10歳ぐらいで終わるのに対して、下の顎の骨は、第二次成長期の身長がぐんぐん伸びる頃に前方に成長していくということです。つまり上の骨の前方への成長は、下の骨よりも早く終わってしまいます。今の状態のまま大人になっていくのではなく、ここから第二次成長期に下の顎が前方に成長していくということです。

できる限り早くから治療を開始して、上の顎の骨が発育できる時期に前方に成長させる必要があります。

上顎と下顎の骨は成長のピークが違う

治療の目標は、まずは永久歯の前歯が出てくるころまでにできるだけ多くの上の顎の前方成長の獲得と永久歯の前歯を正常なかみ合わせに誘導する正しい機能の獲得になります。

 

 

③かみ合わせが深い・過蓋咬合

上下の歯をかみ合わせた時に、下の歯が半分以上見えなくなるのを過蓋咬合と言います。そこまで気にしないお母さんもいますが、機能に問題があるお子さんに多くなるかみ合わせです。

 

 

機能の問題というのは、呼吸や飲みこみの問題です。

具体的には食事が遅く時間がかかったり、よく噛んでない(早食い)、寝ているときにうつ伏せになったり、いびきをかくといった問題が起こってきます。

過蓋咬合の多くのお子さんは正しい噛み合わせの位置でうまく噛めないために下の顎を後ろに押し込んで噛んでいます。永久歯に生え変わった時に上下のスペースの問題、顎の位置が悪くなり、将来的にかみ合わせの問題が起こったりします。

治療の目標は、まずは永久歯の生え変わりまでに正しい顎の位置へ誘導することです。 

 

乳歯の矯正の治療方法

乳歯の矯正治療の場合多くは既製マウスピース装置(プレオルソ・T4K・EF-lineなど)を使い機能を改善します。乳歯でワイヤーや金具を付けた矯正治療は行いません。

日中に意識付けの1時間と寝ている間の装着をお願いします。

 

 

治療の流れ

①無料相談

初回は無料相談です。まずはお子さんの今の状態、今の状態になってしまった原因、今後起こりうること、正常な発育をしている子供と何が違うか?などをお話しします。

まずは無料相談

 

②資料集め

レントゲン撮影・型取り・写真撮影などを行います。

(年齢が低い場合お子さんの治療の協力度によってはできる範囲で行います。)

型取り

③装置のセット

既製マウスピースは様々な種類で大きさや形などが違います。負荷がお子さん強いものを装着すると効果は早いですが、機能が悪いお子さんは装置を入れているのが苦しくなります。反対に装着していても全く違和感がなく装置を入れられるのであれば負荷が全くかかっていないので効果はほとんどありません。

ひとりひとりに合わせた装置を選択してセットします。

既製品ですので必要ならば何回か調整が必要です。

プレオルソのセット

④1か月に1回チェック

大きく問題がなければ1か月に1回来院してチェックします。

その時にクリーニングやお口の中の写真撮影、希望者にはフッ素塗布をします。

月1回のチェック

 

⑤装置交換

既製マウスピースの場合、ある程度使うと装置が弱ってきて汚れてきます。ずっと1個の装置を何年も使えるようにはなっていません。必要であれば2個目に交換する必要があります。

悪い癖が強いと粘膜と装置がぶつかるところが傷になったり変形したりします。傷は汚れではないので取れません。また変形が大きい場合2個目の装置が必要になります。

 

⑥上の前歯が生えてくる(6~7歳ぐらい)ときに再検査します。

上の前歯が出てきた時に、再び検査を行います。経過がよければこのまま既製マウスピースによる矯正を継続しますし、正常なところまでの発育ができていなかったり歯が大きい、顎の骨の成長の問題などがあれば他の装置・治療法に移行します。

 

前歯の生え変わりの時に再度診断

 

治療費

治療費は税別です。

診断料

(レントゲン撮影、写真撮影、模型診査)

15,000円

既製マウスピース装置1個目

(プレオルソ・T4K・EF-line・ムーシールドなど)

30,000円
2個目以降の既製マウスピース装置 15,000円
管理料・調整料

1,000円

装置についての説明はこちらをクリックしてください

 

初回は必ず無料相談です。

お口の中を拝見していない状態でのメールや電話での問い合わせにはお答えしかねます。初回は無用相談となっていますので予約をしてこちらをご利用ください。無料相談はこちらで難しいケースでなければだいたい1時間ほどお話をします。曜日や時間によっては予約が取りづらいことがあります。無断でのキャンセル・何回も予約を変更するなどがあった場合お断りすることがあります。

 

 

ご注意ください

このページの内容はただ歯科クリニックでの治療のお話です。他院での同様の装置を使っていても治療の目的・内容は違うものになります。またページの内容を無断で使用することはお断りいたします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加



▼ご予約は電話・問い合わせはメールでお願いします

TEL:022-377-2350

TEL:022-377-2350


お問合せフォーム
 
 
▲PageTop