【先天欠如歯】大人の歯がない


10人に1人の子供に永久歯がありません。

日本小児歯科学会が平成19年から20年にかけて15000人以上に調査をしたところ、10.1%の子供に親知らず以外の永久歯の欠損が確認されました。男女別では男子が9.1%、女子が11.0%なので女子が少し多いようです。1歯欠損が5.2%、2歯欠損が2.9%なので、先天欠如の子供の8割くらいは1本から2本の歯の欠損になります。

先天欠如歯

大人の歯がないかどうかはレントゲンで撮影しないとわかりません。

また奥歯などは小学生の低学年の頃のレントゲン撮影ではまだ永久歯が映らないこともあります。すぐに確定診断を出せずに定期的に撮影をして確認していくこともあります。

 

治療内容

先天欠如歯は部位によって対応が変わります。

①下の前歯が先天欠如歯の場合

下の前歯の先天欠如歯はその分のスペースを埋めていくようになります。下の歯は通常のかみ合わせの場合噛むと隠れるのでそこまで目立ちません。しかし下のアーチが小さくなるので上下のバランスが少し崩れます。具体的には少しかみ合わせが深くなります。

 

②上の歯の先天欠如歯

上の前歯の先天欠如の場合、噛んでも下の歯のように隠れないので、見た目をどうするかで治療が変わってきます。足りないところをそのままに並べた場合見た目が左右非対称になってしまいます。もしくはスペースを作り将来20前後になってその部分に何らかの処置をするか?

また本数によっては上のアーチが狭くなるので、上下のアーチのバランスを合わせるために下の歯の抜歯などを検討しないといけないことがあります。

 

③奥歯の先天欠如歯

多いのは第二小臼歯、乳歯の一番奥の歯の下の永久歯です。

レントゲンで根っこの吸収などを見て、残せる場合は乳歯を保存する場合もあります。難しい場合、根っこの吸収が始まってる場合は抜歯をして、スペースを閉じます。ただしこの場合6歳臼歯を1本を引くのはなんとかなりますが、12歳臼歯が生えて奥歯に本を前方にひくのはかなり難しくなります。つまり12歳臼歯が生える前に引かないといけません。

 

④乳歯をそのまま残す

レントゲンで見て乳歯の根っこの吸収がなければ、そのまま残して使えるところまで使うこともあります。実際犬歯のところの乳歯の場合ですと、自分の見たケースでは70歳近くまで残っていたことがありました。あくまでもそういった乳歯もあったということです。

 

乳歯を残した時に平均で30歳前後まで持つという報告もあります。ただしそれよりも前に抜けてしまうこともあります。抜けた場合はかみ合わせが決まってからの成人、20歳以降何らかの治療を検討する必要があります。

 

 

治療期間

①②の前歯の先天欠如歯は犬歯のが生えてくる9~10歳までにある程度並べていくようにしたいです。

 

③の奥歯の先天欠如歯は6歳臼歯を動かすのならば12歳臼歯が生えてくるまでにスペースを閉じたいです。またそういった奥歯のスペースをどうするかというときには前歯の歯並びなど他の問題がないことが基本になります。

 

④の乳歯を保存した場合は定期的にレントゲン撮影をしながら、使えるところまで使います。

 

治療費用

治療開始の時期、乳歯の根の状態、先天欠如がない側の歯列の状態等によって選択する治療が変わってきます。詳細な費用については初回の無料相談でお口を見てお話をさせてもらいます。ただし先天欠如の場合にはレントゲンを見ないと詳しい診断ができない場合相談時にレントゲン(2000円)の費用をいただく場合がありますのでご了承ください。

 

メリット&デメリット

前歯の先天欠如歯の矯正治療のメリット

・犬歯が生える前にある程度並べると治療は複雑にならない。

 

前歯の先天欠如歯の矯正治療デメリット

・欠損のスペースを埋めた場合左右の歯が非対称になる見た目の問題(特に上)

・片側のアーチが狭くなるので反対側とのアーチのバランスや歯並びの問題

 

奥歯の先天欠如歯の矯正治療メリット

・小臼歯の場合成人になってからだと、他の部位の小臼歯を抜歯して抜歯矯正という形になるのを避けられる。

・いい時期にスペースを閉じることができると、将来の処置(ブリッジ・義歯・インプラント)

 

奥歯の先天欠如歯の矯正治療のデメリット

・タイミングを逃すと奥歯のスペースを閉じるのは難しい。

・奥歯の生え変わりの時期は小学校高学年~中学生にかけてなので、治療の協力度通院が可能かどうかも含めて検討しないといけない。

 

乳歯を残した場合のメリット

・侵襲が最小限で済む。スペースを閉じたりする必要がないので経過観察のみで大丈夫

 

乳歯を残した場合のデメリット

・いつまで乳歯が持つかはわからない。早い時期に脱落するとすぐに治療ができない場合がある。

・抜けた後は何らかの処置(ブリッジ・義歯・インプラントなど)が必要になる。

 


 

乳歯の融合歯も先天欠如歯がある可能性があります

乳歯に癒合歯と言って2本の乳歯がくっついて1本の歯になっている子供がいます。

 

乳歯の癒合歯

 

乳歯の癒合歯それ自体を治療する必要はないのですが、乳歯の癒合歯の後の永久歯の先天欠如歯が起こることがあります。

 

赤丸の下の乳中切歯と乳側切歯の癒合歯の場合、その後の永久歯がない確率が16.3%

青丸の下の乳側切歯と乳犬歯の癒合歯の場合、その後の永久歯がない確率が73.8%

緑丸の上の乳側切歯と犬歯のの癒合歯の場合、その後の永久歯がない確率が65.2%

参考資料:新谷誠康「乳歯の癒合歯が後継永久歯に与える影響」日本歯科医師雑誌 65(12):6-14,2013

 

部位によってはかなりの高い確率で永久歯の先天欠如歯が発生します。

永久歯の生え変わりが始まる5~6歳ぐらいまでには、先天欠如歯の確認のためにレントゲンを撮ったほうがいいと思います。先天欠如歯があった場合には、上記の先天欠如歯の治療の話になります。

 

まずはご相談ください。

大人の歯がない・先天欠如歯の無料相談を行っています。(要予約)

電話:022-377-2350

メール予約:こちらをクリックしてください

 

お口の中を拝見していない状態でのメールや電話での問い合わせにはお答えしかねます。

無料相談を無断でキャンセルしたり、何回も予約を変更するなどがあった場合お断りすることがあります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加