【子供の悪い歯並び予防】食べるのが遅い、いつまでももぐもぐ飲み込まない


【2018年3月16日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

初めての方はブログの簡単な注意事項があります。こちらの記事に目を通してください。

 

もくじ
①ご飯を食べるのが遅くて困っている。
②一口量を正しくできていますか?
③食べ物で噛み方を変えていますか?
④スプーン適量載せているか?スプーンの大きさは?
⑤基本食事中はテレビは消しましょう。
⑥そもそもおなか減っていますか? 
⑦給食対策は朝ごはん
⑧「早く食べて!」と怒るのは解決になりません。

 

①ご飯を食べるのが遅くて困っている。

ご飯を食べるのが遅いということで悩まれているお母さん。

特に4月から小学校入学となると給食も始まるので心配になっているかもしれません。

 

 

②一口量を正しくできていますか?

いつまでももぐもぐ噛んでいる子供の場合、一口量がよくわからない、正しい一口量がわからないといったことがあります。

ある食べ物の量を仮に100としましょう。

 

その子は本当は20ずつ5回に分けてなら正しく食べられるとすると。

例えば1回にとる量が40とってしまうと量が多いので口の中がいっぱいになってしまいます。

なかなか飲み込めなくてもぐもぐとなってしまいます。

 

また20ずつ入れたとしてもまだ飲み込んでないのに次の20が来たら結局は口の中はいっぱいいっぱいです。この一口量と次に入れるタイミングが正しくできているかが大事になります。

 

 

本来は小さい頃の手づかみ食べでそういったことを学んでいくのですが、汚れるから手づかみ食べをさせなかったり、上手に使えるからとフォークやスプーンを使ってしまうと正しい一口量がわからなくなります。

 

 

 

③食べ物で噛み方を変えていますか?

また当たり前ですが柔らかいプリンと歯ごたえがあるお肉が同じ噛み方になりません。

本来は目で見て食べ物のやわらかさや、硬さそういったもので噛み方を変えます。手で触ることでそういった食べ物の感覚を覚えていくのですが、あまり手づかみ食べをしないでそういった情報がないとすべて同じように噛もうとして苦戦をしていきます。見ればわかるでしょと思ってしまいますが、見ただけではわからないのです。プリンや杏仁豆腐を食べる感じでお肉を食べたら大変です。

 

大人が当たり前にできているからと言って子供が同じようにできるわけではありません。今から食べるものが硬いのか?柔らかいのか?熱いのか?冷たいのか?それがわからないと上手に噛めません。

 

④スプーン適量載せているか?スプーンの大きさは?

またスプーンやフォークを使うときはそこに乗せている量が適量かどうか。

例えば子供が大人のスプーン一杯にカレーを食べたらお口の中はいっぱいになります。子供用のものでも乗せる量が多くなってしまうようなら、少しそれよりも小さいスプーンとかを用意してあげるのも一つです。

スプーンに乗せる量がOKでもどんどん入れてしまっては同じなので、リズムをまく作れるように待てるように教えてあげるのもいいと思います。それでもどんどん口に運んでしまう子供は同じように一口量を少なくする小さいスプーンや三つになっているところが短いフォークにしてあげるのも一つです。

 

乗せる量が多いのか少ないのか?自分で調節できなければ、スプーンを小さくしてたくさん乗せられないようにするのも一つです。

 

⑤基本中の基本!食事中はテレビは消しましょう。

食べるのが遅い子供さんで食べることに集中をしていない子供がいます。テレビを見ながら食事とかしていると集中できなくて手が止まってしまう。基本ですが子供の食事中にはテレビは消しましょう。テレビを見ながら勉強しても頭に入らないのと一緒です。逆に「甘い?辛い?」「熱い?冷たい?」「硬い?柔らかい?」など質問をしたりしながら食べているものに興味を持たせるようにしていったほうがいいいです。

先ほどから話している通り、子供は食事中に様々な情報を覚え、様々なことを学びながら食べることを覚えていきます。しっかりご飯に集中させてあげましょう。

 

⑥そもそもおなか減っていますか? 

そもそもお腹がしっかり減ってなければ、食欲がないので食べません。だらだら食べてしまいます。おなかが減らない原因の多くは

・間食やおやつの甘いものでお腹が減っていない

・運動が足りない

といったことが考えられます。

ご飯の1時間前後からは甘い口にしないようにしましょう。特に甘いものは量が少しでもお腹が満たされます。減ったなければ食べるスピードが上がりませんし、それが当たり前になってしまうとお菓子を食べていなくても同じように食べてしまいます。

また運動が足りなければお腹は減りません。食べる直前ではちょっと遅いので少し前に運動が足りないようだったらちょっとダンスや体操でもいいので遊んでみるのもいいと思います。

 

⑦給食対策は朝ごはん

また給食で食べれないのは朝ごはんが大事です。朝ごはんを食べてしっかり目が覚めた状態で午前中動くとお昼におなかが減ります。しかし朝からぼーっとして朝ごはんも食べない、ぼーっとして午前中動かないとなるとお昼ごはんにおなかも減らない。給食で食が進まない、遅いとなります。

でも起こしてお朝ごはん食べないとなると、もう少し早く起こして朝散歩したりするのも一つです。別に何キロもやれということではなく家の周り一周でも十分です。

 

⑧「早く食べて!」と怒るのは解決になりません。

これ以外にも何らかの原因があって食べるのが遅くなっていたりします。

「早く食べて!」!とお母さんが起こっても何の解決にもなりませんし、お母さんも子供も気分が悪いだけです。そのうち食事のたびに嫌な空気になっていくとそれこそご飯が嫌いになります。「食べるのが遅い」だけではなく何ができないのか?それを見つけること、それに対しての改善点を見つけることが大事です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お子さんの歯並びが悪くなる癖や呼吸、食事などの生活の問題があります。きれいな歯並びを願うお母さんの思いだけでは正しい発育はできません。問題は口がぽかんと空いている子供に「口を閉じなさい」といっても解決しない様々な間問題が絡み合った複雑なものです。

子供の歯並びを悪くする癖・生活・食事について考えてみませんか?

 

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

無料相談では費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。矯正の無料相談は、診療日のどの時間でも対応していますが、必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【きれいな歯並びになる食事・食育・離乳の話】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る