【子供の悪い歯並び予防】くちゃくちゃ食べるのは行儀が悪い子供・・・?


【2017年8月29日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

 

今日は食事の時にクチャクチャ音を立てて食べる子供のお話です。

 

もくじ
①音を立てて食べるのは行儀の悪い子?
②注意をしても治りません。
③機能の問題なら正しい機能を獲得しないといけません。
④機能改善は早ければ早いほど効果的です。

 

 

①音を立てて食べるのは行儀の悪い子?

食べるときにくちゃくちゃと音を立てて食べる子供に悩まれているお母さんがいます。

食事中に音がなるので行儀が悪いと注意してもなかなかな治らないと思います。

 

 

 

そういった音を立てながら食事をするのは

行儀がいい・悪いといった

本人のパーソナリティの問題ではなく、

機能の問題です。

 

②注意をしても治りません。

本人の行儀の問題ではなく機能の問題であるのならば

お母さんが注意をしてもなおりません。

 

注意してもダメ

 

正しくごっくんのものをの飲みこむときには舌は上の顎の歯ぐきに当たっていなければいけません。食べるときに音が出てしまう子供はここまで舌が上がらずに歯の裏側にあてたり、上と下の前歯から舌が出てきたりします。

 

本来離乳の時期に正しい舌の動かし方を覚えないといけなかったのですがそれが何らかの理由でできないため正しい動きができていない状態です。

 

また音が漏れるのは口が空いていることも多いです。つまり口呼吸です。食事をしているときに正しく呼吸ができていないのも原因の一つです。普段から口呼吸で口を閉じる唇の筋肉が緩んでいれば食事の時だけ閉じることもできません。

 

音を立てて食べる子供は

行儀が悪いのではなく

正しい飲みこみができなくて苦しいので音がしているのです。

 

正しい機能の獲得

 

③機能の問題なら正しい機能を獲得しないといけません。

まずは正しい舌の位置と正しい呼吸を覚えないといけません。このような子供は機能の問題があるので、歯の生え変わりがある6~7歳の頃に大人の歯も問題がある機能に合わせて間違った位置に生えてきます。間違った位置の方がその子にとっては使いやすい位置だからです。もしも歯並びだけがきれいに並んでもそれを正しく使えないので本人には苦しい使いづらい歯並びになります。

 

小学生の子供

 

④機能改善は早ければ早いほど効果的です。

多く場合、他の子供と一緒に食事をするときにおかしいなと気づくので、幼稚園や小学校に入学して音を立てるのを指摘されて気づいたりします。こういった機能の問題は年齢が高くなってからよりも早い段階から改善していくのが効果的です。間違った機能があれば、それに引っ張られて骨や筋肉が間違った成長をします。そういった成長をしてからはより改善が困難になります。

 

まずはご相談ください。

 


ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。診療日のどの時間でもできますが必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

 


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【きれいな歯並びになる食事・食育・離乳の話】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る