子供の機能の獲得は焦らずゆっくり。ただし早いうちから


【2018年5月15日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

初めての方はブログの簡単な注意事項があります。こちらの記事に目を通してください。

 

子供の機能改善に対しての考え方のお話です。

 

もくじ
①機能が未発達な子供たち
②口を閉じるように言っても口呼吸はやめません。
③機能の問題はすぐに解決できるような単純なものではありません。
④永久歯の生え変わりが始まる前に改善するのがベスト

 

①機能が未発達な子供たち

6~7歳の前歯の生え変わりで歯並びに問題を抱える多くの子供は何らかの口の周りの正しい機能が獲得できていません。正しい機能を獲得していないので、正しい成長ができない、正しい成長ができていないので歯並びにも影響が出ているわけです。

本来であれば3歳前後までにはできていないといけないことができていない状態です。

 

 

②口を閉じるように言っても口呼吸はやめません。

例えば口呼吸一つとっても

「口を閉じるように言えばいいですか?」というお母さんがいますがそれだけでは口呼吸を改善するのは不可能です。口呼吸をしている子供は必ず舌が見えるようになっています。舌は本来は上の顎の歯ぐきのところについていないといけません。

 

もし口呼吸で口は開いているが、舌のポジションに問題がないのであれば、開いている口から舌の裏側が見えてないといけません。でも実際そういったようになる子供はいません。

なぜなら舌が正しい位置にあるかどうかで、口の気道が開くのか?鼻の気道が開くのかが変わるからです。

 

口を閉じているときに舌は赤丸のところにないといけません。

上の顎の歯よりももっと奥の歯ぐきです。

 

舌が上に上がるのは本来は離乳のころから練習をして3歳前後の乳歯が並んでしっかり噛み合ったときにできていないといけないことです。「舌を上げるように意識する」だけでは当たり前ですが筋肉がつ

いてこなければいけません。

 

 

 

③機能の問題はすぐに解決できるような単純なものではありません。

このように機能の問題はそれだけが独立して起こっているのではなく、様々なことと絡んで起こっています。ほつれた糸を取っていくように時間がかかります。

 

よく説明でいうのは3歳でできていなことが6歳でできていなければ3年間違ったことをしていたわけです。これを半年で改善するのでは簡単ではありません。同じよう3年かけて改善するのであれば9歳ぐらいになります。

 

10歳ぐらいで改善しようとしても、7年間も間違ったことをしてきたわけです。それを何年で治しますか?ということになります。さらに言うともし10歳であれば改善したとしてももう乳歯が抜けて永久歯になっています。

 

④永久歯の生え変わりが始まる前に改善するのがベスト

正しい機能の獲得ができていないことで、歯は正しいところに生えてきませんが、機能が正しくなったからと言って歯はそれに合わせて動いていはいきません。中には動いていく人もいますが、動いていかない人の方が多いです。やはりこういった機能の問題は永久歯が生えてから改善するものではなく生える前に改善するものです。

 

 

—————————————————————————————————-

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

無料相談では費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。矯正の無料相談は、診療日のどの時間でも対応していますが、必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プレオルソやT4Kなどの既製マウスピース装置は寝ているときをメインに行う正しい機能を獲得する装置です。乳歯の歯並びの3~4歳前後のお子さんでも負担が少なく装着をすることができます。

プレオルソ・T4K・ムーシールド~乳歯(3~5歳)の矯正治療

プレオルソ公式サイトは(こちら

 

 

 

 

 

 


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【きれいな歯並びになる子育てのヒント】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る