【小児矯正】歯が生えてくるときの力を利用する


【2018年1月12日 6:00 PM更新】

こんにちは

仙台市泉区富谷市 ただ歯科クリニックです。

 

もくじ
①歯が生えるときは動きやすい。
②奥歯は一回かみ合ってしまうと動かすのが大変
③前歯もかみ合ってしまう前なら動くことがあります。
④生え変わりの時期はこまめにチェック

 

①歯が生えるときは動きやすい。

歯は生える途中というのは、歯としてしっかりできているわけではなく、まだ根っこは半分くらいしかできていません。また生えている途中の歯は少しの刺激で動きます。これはいい刺激を与えるといい方向に動くのですが、悪い刺激を与えたら正しい位置に歯が並ばなくなる諸刃の剣です。

 

 

②奥歯は一回かみ合ってしまうと動かすのが大変

6歳臼歯や12歳臼歯がしっかりかみ合わないでずれてしまうことを交叉咬合といいます。生えてくる途中で分かってズレをなおすのはシンプルな装置で動きますが、一回かみ合ってしまうと動かすのが大変になります。そのまま放置して大人になってから治そうとすると一か所の歯のすれ違いであっても全体の歯を動かさないといけなくなってしまいます。頭が出てきたぐらいに気付くのであればいいですが、お母さんが見つけられないで歯が生えてしまうと動かすのが大変になります。

 

③前歯もかみ合ってしまう前なら動くことがあります。

パナスティック前歯も一回かみ合ってしまうと動かすのが難しくなりますが生えてくる途中に刺激を与えると正しい方向に動いていくのがあります。特に一回上の歯が内側に入って、下の歯が前に出てしまうと動かすのは大変になります。パナスティックという道具はこういった生えている途中の前歯のちょっとした前後的な動きを改善するのに有効な道具です。みんながみんな動くわけではないですが、動きやすいタイミングに頑張ってもらうといい動きをするお子さんもいます。もちろん1回かみ合ってしまったり、大人の人がしてもうまくはいきません。

 

④生え変わりの時期はこまめにチェック

当院では矯正治療の子供は基本1か月に1回でチェックしています。新しく生えてくる歯がいい位置に生えてきてくれるかどうかはまずは生えてこないとわかりません。すごい位置が悪い場合はレントゲンでもわかりますが。生えている途中で分かると、その時に対処できることがありますが、もう生えてしまってからでは何らかの装置で動かさないといけなくなります。

 

 

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックでは矯正治療の無料相談をしています。

無料相談では費用や期間だけでなく、患者さんの現在の今の状態、なんでこうなってしまったのか?そういったことを話します。矯正の無料相談は、診療日のどの時間でも対応していますが、必ず予約して来院してください。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

成人矯正・歯並びのお悩み

—————————————————————————————————————

ただ歯科クリニックの床矯正を行っています。

6~7歳の前歯の生え変わりの時に治療を開始すると、お子さんの成長する力を利用できて歯を抜かずにスペースを作ることができます。取り外しの床矯正は家にいるときと寝ているときに装置をつけてもらうので、学校での生活に負担をかけないで矯正治療をすることができます。

床矯正は9~10歳の犬歯の生え変わりが始まるまでにスペースを作って前歯を並べられるかが成功のポイントです。

ただ歯科クリニック HP 

子供の歯並びのお悩み(小児矯正)

6~7歳の前歯のガタガタ(叢生)は床矯正

ただ歯科クリニックは床矯正研究会の会員です。

 

————————————————————————————————————–

SH療法は狭窄した歯列を正常にする治療法です。歯列が狭窄していることで起こるかみ合わせや歯並びの問題を改善しする機能を重視した矯正治療です。1日8~10時間の装置の装着でいいので、学校が忙しい中学生や高校生、仕事がある社会人の方にも負担が少ない矯正治療です。

ただ歯科クリニック HP

SH療法~中学生と高校生と成人の萎縮した顎を元に戻す

「SH療法」HPのSH療法を受けられる歯科医院にただ歯科クリニックも掲載されています。

 


前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ【子供の矯正治療を始めるタイミングについて】の関連記事


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る